中古のLenovo ThinkPad X240を購入した

Lenovo ThinkPad X240

中古でThinkPad X240を購入

手頃なWindowsノートが欲しいと思っていろいろ考えたところ、やはりWindowsノートなら保守性の高さなどからThinkPadしかないだろうと思い、Xシリーズで手頃なものを探してみました。案外安く買えたので、これから色々とハードウェアに変更を加えつつ楽しんでみたいと思います。

購入したモデルのスペックと価格は?

スペックは下記のとおりです。

OS NameMicrosoft Windows 10
System SKULENOVO_ThinkPad X240
ProcessorIntel Core i3-4010U CPU  1.70GHz
RAM4.00 GB
HDD Size297.38 GB (約300GB)
WLANIntel(R) Wireless-N 7260

スペックは高いとは言えませんが、SSDに換装したり、RAMも8GBにすれば、そこそこ使えることでしょう。価格は送料など含め15,000円ほどでした。

買ってから気付いたX240のガッガリポイント

価格のやすさと、ThinkPad Xシリーズだからよく知っているということで購入を決めてしまいましたが、購入してから調べてみると色々残念なモデルだと知りました。

RAMが1枚しか刺さらないため、RAM上限が8GBであったり、私が購入したモデルはWi-Fiモジュールが2.4GHzにしか対応していないこと、トラックパッド(UltraNav)がかなり使いにくいこと(X230やX250のようにTrackPoint使用時の物理クリックボタンを用意してくれていない)、キーボードは光らないなど、色々と省かれてしまったモデルのようです。

それも中古相場が高騰しない要因なのかもしれません。でも、キーボードの使い勝手の良さはThinkPadならではだと感じましたし、今の所動作にも問題ありません。これから使っていくのが楽しみです。

ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proで使う時の設定と使い方。

 
Macbook Pro ThinkPad USB Keyboard

 
MacとWindowsでは基本キーこそ同じ物の、細かなキーは共通化されていません。
例えば、CommandキーはWindowsにありません。また、WindowsキーはMacに搭載されていません。
この他にも色々と異なるキーが搭載されているため、Windows用のキーボードをMacで使うのは色々と面倒です。
 
しかし、ThinkPad USB Keyboardがお気に入りで手放したくない私としては、是非MacBook ProでThinkPad USB Keyboard with TrackPointを使いたいので、色々と調べたり自分で試したりしたので、その備忘録としてブログに書いておきたいと思います。
 
 
ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proに接続した所、あっさり使えるようになりました。
特別なドライバやソフトウェアのインストールをすることなく、使えます。しかし、完璧ではありません。
 

LINK : Mac で ThinikPad USB トラックポイントキーボードを使う – Qiita
今回の記事では、上記のサイトを一部参考にさせていただきました。
 
Screen Shot 2014-05-13 at 3.45.31 AM
まずは、キーボードの設定を開きます。
キーボードの選択項目を、 ThinkPad USB Keyboard with TrackPointにしておきます。
その下にある項目はこのままにしておきます。(好みで変更してOKです)
 
Screen Shot 2014-05-13 at 3.46.25 AM
つづいて「KeyRemap4MacBook」をインストールしましょう。
 
Screen Shot 2014-05-13 at 3.49.51 AM
KeyRemap4MacBookを起動したら、検索バーにmiddleと入力し、右にあるshow enabled onlyにチェックを入れます。
すると、1つだけ項目が表示されると思います。MiddleClick + CursorMove to SchrollWheelであればチェックしてください。
これで、ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(以下ThinkPadキーボード)の右クリック・左クリックボタンの中間にあるボタンと、トラックポイントを上下左右させる操作で、スクロールが出来るようになりました。
 
 
ここからは応用編?です。
よりMacのキーボードに近い操作をするために必要な使い方の説明です。
私も試行錯誤しながら探してたので、他に良いキーがあるかもしれません。
 
 
 
Screen Shot 2014-05-13 at 4.13.39 AM
この状態にするには、Macではトラックパッドに指を4本置き、上にスワイプしたり、F3があるキーを押せば出来ますが、Windows用キーボードでは、Ctrlと↑キーでできます。
 
 
Screen Shot 2014-05-13 at 4.17.55 AM
トラックパッドに指を4本置き、左右にスワイプすることで切り替える事が出来たデスクトップですが、トラックポイントは4本もないので、Ctrlと←もしくは→キーを押すことで切替が出来ます。
 
 
他にも
 
アプリケーションの終了は、Windows + Q。
データの削除はWindowsキー + BackSpace。
ゴミ箱を空にする操作はShift + Windows+BackSpace。
コピーはWindows + C
ペーストはWindows + V
 
液晶照度の調節は、ScrLk/NmLk + Pause/Break。
表示されているウィンドウを端に避けるにはF11
ダッシュボードを表示させるにはF12
音量操作は標準のボリュームキーで操作できます。ミュートも同様です。
マイクミュートとThinkVantageキーは動きません。
 
個人的に困るのは、ローンチパッド(Launchpad)の展開方法が解りません。 
対策としては、Launchpad.appをDockの中に入れておくなどするか、ショートカットキーで呼び出せるようにするしかないかもしれません。面倒な感じがします。
 
基本的に、
Control → Ctrl 
Option → Alt
Command → Windows
 
に切り替わったことだけでも解れば大分使えます。 
 
ThinkPadキーボードは使い勝手が良いので大好きです。
私が使っていたThinkPad X201sのキーボードと同じ物ではありませんが、使い勝手に問題は無いと感じています。

Macのキーボードも良いのですが、ノートパソコン使うと画面がどうしても手前に来てしまうんですよね。
そのせいで視力が低下したので、適当な距離を空けるようにする為に自宅ではThinkPadキーボードを接続するようにしてみました。
これにより、MacBookと私の間に、ちょうど良い距離が生まれたので、目にも良さそうな気がします。
あと、ブログ書くときみたいな長文を入力する時にもThinkPadキーボードは疲れにくくていいです。
それから、入力していて楽しさが違う感じがします。どんどん入力できちゃいそうな気がしてきます。
 
そんなわけで、ThinkPadキーボードをMacで使う時の設定と、各種キーの説明でした。
快適に使えるようになるには慣れが必要ですが、私は初めて設定してから2時間くらいで結構慣れた気がします。
でも、ちょっと不便な面もあるので、途中から戻しちゃうかもです。
 
 

Lenovoが一部ThinkPad製品のバッテリーを自主回収へ。ThinkPad T410,X100e,X201s,Edge11シリーズなど。

Screen Shot 2014-03-28 at 9.44.50 AM
Lenovoが、一部ThinkPad製品で使用されているバッテリーに問題があったとして回収を呼びかけています。
対象のバッテリーは製品の保証期間の状態にかかわらず、無償交換され、交換品には90日間の保証が付きます。
 
対象となる製品は下記の引用文から。

  • ThinkPad T410、T420、T510、W510、X100e、X120e、X200、X201、X201s、Edge 11、Edge 13、Edge 14 シリーズ
  • オプション製品 43R9255、51J0500、57Y4186、57Y4564、57Y4565、57Y4625、57Y4559、43R9254、0A36277

の製品に交換対象となるバッテリーが含まれている場合があると言うことです。
交換対象となる製品の部品番号(ASM P/N)は下記の引用文から

  • 42T4695, 42T4711, 42T4798, 42T4804, 42T4812
  • 42T4822, 42T4828, 42T4834, 42T4840, 42T4890

 となります。
 対象となるバッテリーの判断は、専用のソフトウェアを実行して判別する方法と、下記の画像の用にバッテリーに印字されている部品番号(ASM P/N)で判別が可能です。
 
rojo-jp-batt
 
交換申込みをして、交換用バッテリーが届いたら、交換するバッテリーを、交換品が入っていた様に入れて着払いで返送してください、ということでユーザーには送料の負担もありませんので、手持ちのバッテリーに問題が無くても交換をしたほうが良さそうです。
また、問題となっているバッテリーには、発熱問題が発生する危険性があるため、バッテリーは外してAC電源供給で使用するように呼びかけています。
 
 
 
LINK : バッテリー自主回収のお知らせ – Lenovo Japan

「DO. WITH LENOVO あなたのレノボ、見つけよう!」に参加してきました。

DSC_2746

今年(2011)は、「DO WITH LENOVO」をテーマにLenovoのイベントが秋葉原で開催されました。去年(2010)はUDXで開催されましたが、今年は住友不動産秋葉原ビルで開催されました。

私は最終日となる本日(2011/07/10)に行ってきました。

DSC_2748

エントリーシートにクイズの内容を書くと、抽選でノートパソコンや旅行券10万円、サーキュレーターにUSBメモリ、オリジナルステッカーが当たるキャンペーンが行われていました。外れは無しで、必ず何かが当たります。

Lenovo Sticker

私はオリジナルステッカーが当たりました(^^;)このステッカーは、この間の大和魂ミーティングで配布された物と同じなので、出来れば別の物が欲しかったなあと思ったり。

 

DSC_2802

LenovoEE 2.0のRapidBootテクノロジーは高速起動がウリで、会場でのデモンストレーションでも他機種との起動時間の差を見せつけていました。
それも10年前の機種ではなく、同じくLenovoEE2.0搭載の最新機種と、LenovoEE2.0&RapidBoot搭載のIdeapadでの起動時間の差があってコレには驚くばかり。本当に速いです。

 

DSC_2834

その後の紹介では、省電力マネージャーの紹介や一体型のパソコンの紹介などもありました。
Lenovoとしては、一体型はかなり押していきたいようで、メンテナンス性の高さや省電力の高さなどをアピールしていました。
一体型というと私はあまり良いイメージを持っていませんが、メンテナンスが容易であることなどを考慮すると、これからの時代は十分アリな選択なんじゃないかなと思いました。

私は現在、ThinkPad X201sをウルトラベースに乗せてVGA出力でLenovo ThinkVision L2250p Wideを接続して、さらにLenovo ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(55Y9003)を接続して使用しています。電源はLenovo純正90W ACアダプタを接続しています。
持ち運ぶときは、ドックレバーを手前に引いてThinkPadが浮き上がったら持ち上げてバッグに入れるだけ。
電源が必要とされる長時間の使用予定があれば、65Wの電源を持ち歩くようにしています。

様々なアクセサリを接続しているので、通常であれば出かける都度、キーボードや外付け液晶、電源などを外し、帰宅したら接続していきます。
しかし、ThinkPadならウルトラベースがあるので、周辺機器は綺麗さっぱり切り離して行くことが瞬時に出来るのです。
これが使ってみると分かりますが、かなり便利なのでThinkPadをご購入の際は是非お買い求めいただきたいと思っています。凄くおすすめです。

 

DSC_2757

さて、ThinkPad X121eを発見しましたので紹介します。
この機種はThinkPadでありながら、ネットブックぽい感じがします。msiのU100あたりにちょっと似てるような気がしました。気のせいかもしれませんが。(^^;)

 

DSC_2759

ThinkPad X121eを閉じようとした様子。写真ちょっとブレちゃっていますが、X100eを思わせるさわり心地でした。
ThinkPad X200シリーズとは大きく異なる材質はちょっと安っぽさを感じざるを得えませんでした。
しかし、この点に関しては妥協しなければいけない点なのかもしれません。

小さな個体にもしっかりThinkPadのギミックが凝縮されていたので、このX121eはちょっと欲しくなっちゃいました。
ThinkPad X1もちょっと欲しいんですが、いずれ買おうかなと少し興味を持ちました。

 

DSC_2778

ThinkPad X1はすでに発表から少し経過しているので、すでに見た方も多いかもしれませんが薄くてデザイン性の高いX1の評判は結構良いようです。(ThinkPadファンの方々から見るとその評価はイマイチですが…)

DSC_2948DSC_2949

「FOR HOME IDEA SERIES」 「FOR BUSINESS THINK SERIES」と大きく書かれた看板がありました。
私はHomeでもSchoolでもThinkPadを愛用していますが、コンシューマー製品のIdeapadもいずれ買おうかと検討しています。そんなに何台も必要ないので、今すぐには買う予定はありませんが、パソコンを購入したいという友達などが居ればおすすめしていきたいと思います。

 

 

DSC_2936

次回はまた来年の夏あたりに類似イベントを開催するのではないかと予想されますので、2011年の夏に参加出来なかった方は是非来年あたり開催されれば参加してみるとよいのではないでしょうか。
Lenovoのパソコンの良さは、実機を展示しているお店が少ないこともあってなかなか一般の方には理解されがたいのが現状です。
Lenovohはこうした機会を秋葉原などで開くことにより、自社製品の良さを大きくアピールするのが狙いだと思います。
実機展示が少ないだけにこういう機会を持ってくれるLenovoはすばらしいと思います。

 

また来年も参加出来れば参加したいと思いました。

Lenovo ユーザー向けイベントに参加してきました。

Lenovoが主催するカスタマー向けイベントに参加しました。行われた場所は六本木ヒルズのレノボ・ジャパン本社にて行われました。
今回の趣向は、 ThinkPadを愛用している人を募ったイベントとなっており、参加定員MAXの40名が参加されました。

地図画像

会場の様子

DSC_4733
会場はこのような感じでした。
幅広い年齢層の方が参加されているように思いました。遠隔地からの参加も多数あったようすで、Lenovoのイベントだからこんなに集まるんだなと思いました。皆さんThinkPadやThinkCentreなどが大好きなんですね。そうでなければわざわざ来ませんよね。

 

DSC_4732 LENOVO

 

会場には美味しい料理の数々が並び、参加された皆さんが美味しそうにいただいていました。
飲み物も自由に飲むことが出来、ここまでやってくれるのには驚きました。軽食というには立派すぎます。

 

DSC_4751

60 million sold.の看板が掲げられていました。
ThinkPadは誕生18周年と6,000万台突破を達成しました。[詳細]
この60Mというのはそういう意味なんです。(M=Million=百万)
おめでとうございます!これからも期待しています。

展示された製品(一部のみ紹介)

EdgeSeries ThinkCentre A70z W701ds DSC_4741

DSC_4824 DSC_4827

先日発売された、ThinkPad Edge 11”の展示もありました。 
大きさがよく、背面がX100eににている感じでこれは良いというのが私の感想です。

他にもSky lightの展示もありました。これは、十分ありだとおもいました。
TrackPointが有れば・・・と思いましたがThinkPadではないので仕方有りませんね。
価格次第ではかなり欲しい一台でした。[Sky light]

ThinkPad X201tの展示もあり。
こちらはタブレットにもなるマシンで、タッチパネルの感度もよくしっかりとした造りになっています。
かなり良い感じです。

 

それからW701dsの展示もありました。大きくハイスペックなこのマシンは憧れますが持ち運びて使いたいとは思いませんでした。家で使うには最適な一台だと思いますが、とてもじゃないけど高校生には手が出ない価格です。

 

Lenovoの皆さんによるプレゼンテーション

DSC_4759 DSC_4768

l

Lenovoの方と、NVIDIAの方のプレゼンテーションがありました。
ThinkPadがこの18年間で成し遂げたことの紹介が土居さんからありまして、その成し遂げられた事柄の数々には驚かざるを得ませんでした。

つづいて、Steveさんと山内さんはNVIDIAのOptimusについての紹介をされていました。

NVIDIA® OptimusTMの搭載により、更なるスピードの上昇と省電力化に成功したそうです。
これは今後に期待できますね。

 

ThinkPad愛用者によるプレゼンテーション

ThinkPad愛用者によるプレゼンテーションも行われました。プレゼン希望者は多数でしたが時間の関係でじゃんけんで決まった3名の方がプレゼンテーションをされました。

 

DSC_4775 DSC_4776 DSC_4788

 

皆さんThinkPad愛用されている様子なので、発表者以外の人々から共感を得ていました。
こんなのがあったら、こうしたらどうなんだろうか。という愛用者ならではのアイデアの連発で楽しく聞くことが出来ました。

 

 

最後に

このような機会を設けてくれるなんて素晴らしいと思います。ユーザーにもたらすエクスペリエンスをみんなで考え、Lenovoの人が実現できるように考えてくれる。こんなに良いことはありません。
参加された皆さんは、よりThinkPadがすきになりよりThinkPadの今後に期待していると思います。もちろん私もそうです。

このような機会がまたあれば、是非とも参加させていただきたく思っています。
私もThinkPadを買って痛感しているのが、これほどまで高い完成度を誇る信頼できるノートパソコンが他にはないんじゃないかなという点です。

 

余談ですが、先日友人の家に遊びに行った時にオンラインゲームをしようということになりました。
普段ゲームをしない私はあまり乗り気ではありませんでしたが、3DのゲームをX201sで使ったらどうなるのかという良い実験になるのではないかと思い試してみました、
他の人たちが使っているノートパソコンはThinkPadでもLenovo製品でもなく普通のノートパソコンでしたが、グラフィックなど良い感じでゲーム用という具合でした。
早速プレイしてみると、読み込み速度などすべての速度で私のX201sの右に出るパソコンはありませんでした。
この優越感と言ったらそれは凄いもので、アップデート適用してから起動するゲームだったのですが、アップデートを適用中には私はプレイ画面になっているという速度の差を見せつけてくれました。
ゲームマシンじゃないけど、十分な性能があることを実感させられました。

 

Thank you! ThinkPad!

 

 

追伸

すっかり書き入れることを忘れていましたが、ThinkPad 18thを記念して誕生日ケーキが用意されていました。凄いプリントですよね。写真はローソクを消した後で申し訳ないです。

その後、ケーキは参加者に振る舞われました。非常においしかったです。

 

 

発売開始当初からコンセプトの変わらないノートパソコンってThinkPadだけ。じゃないでしょうか。
デザインもほとんど変わらないので、古いマシンを持っていても恥ずかしくないのもすばらしいです。
逆に最新機種でもわかりにくいという難点はありますが、末永く使うにあたって問題になるのはデザインやスペックですからデザインが時代遅れになってしまうと使っているだけで時代に取り残されている気がしてしまいます。 そういった意味でもThinkPadはすばらしい製品であることが解ります。

私自身も毎日活用していますが、しっかりしているのは日を重ねて行くにつれ痛感します。
ほかのノートパソコンだったら過酷な使用には耐えられないモノが多いですから、ThinkPadは本当に重宝しています。

 

Lenovo祭り in 秋葉原に参加してきました

UDX

Lenovo祭り in 秋葉原に参加してきました。
今日は、自宅近くの駅から日暮里まで来て、そこから山手線で秋葉原に向かったのですが、UDXが見えた時に電車内からLenovoの幕が見えたのには驚きました。

外から見た会場

朝ご飯を食べてなかったので、近くで軽く済ませたあと、ヨドバシカメラに行ったりしまして、その後目的のUDXへ向かいました。
するとLenovo祭りの看板があったので、その方向に進んでみるとそこには長蛇の列がありまして「凄いな~」と思って早速並ぼうと思ったのですが、よく見たら他のイベントでした。ごめんなさい。

気を取り直して、その列を避けること50m先にはLenovo祭りの会場がありまして、会場設営やスタッフの打ち合わせは十分なようで次第に中から拍手が聞こえました。関係者の準備が整ったのでしょう。

会場前の様子

こちらは11:00前の様子。ですから、まだ入れません。
最初は数人が待ってる状態でしたが、呼び込みの影響もあってか徐々に人が集まり会場が開いた時は一気に数十人の方が移動しました。

会場の様子

こちらは会場の様子です。大勢の方がThinkPadやideapad、ThinkCentreやideaCentreなどに興味を示しているのが解ります。
良い製品というのは誰にでも解るのだと思いました。幅広い年齢層の方々がLenovoのパソコンに対して興味を示しており
お買い上げになった方も見かけました。

ThinkPad祭り

その中で、異彩を放つブースを見つけました。なんて言うと怒られそうですが、Lenovo祭りならぬThinkPad祭りです。
W701dsや、ウルトラマンPC、高解像度X61などなど、いろんな種類のThinkPadが一同に集結しました。
Lenovoの関係者もこれにはびっくり。 知らずに来てしまった人もびっくりしてました。

X201s

展示されてる中で、私がもっとも興味が有ったのはThinkPad X201sです。
なんと言っても、この機種が欲しくて仕方がないので触りまくってきました。やっぱり良いですね。素晴らしいと思います。

秋以降にThinkPadを購入したいと思ってるのですが、どのモデルのどの構成にするかはまだ決めてません。
X201i/X201/X201sのどれかにするつもりで居るのは確定で大丈夫だと思います。

簡単な紹介になりましたが、以上でLenovo祭り in 秋葉原の紹介を終わります。