LINEモバイルのカウントフリーで通信速度制限を受けた。

LINEモバイルが提供する通信サービスの大きな特徴と言えるのが、LINEなどの特定サービスの通信が、基本データ量に含まれず使い放題使えるというところ。しかしながら、私が契約するLINEモバイル回線で通信速度制限を受けたので、そのことについて書いていきます。

LINEデータフリーとは?

ここでLINEモバイルのデータフリーについて、すこしおさらいしましょう。
私はLINEのみがカウントフリーになる「LINEフリープラン」のSoftBank回線を使用しています。

これは、「LINEのトーク(スタンプや画像を含む)」「音声通話・ビデオ通話」「タイムラインへの投稿や閲覧」「友達の閲覧と追加」とあります。
LINEを使った音声・ビデオ通話も、このカウントフリーの対象となることははっきりと記載されています。

通信速度制限を受けるのかテスト

以前、LINEでビデオ通話を1時間ほど行ったところ通信速度制限がかかった経験があったので、それを試すべくちょっと実験をしてみました。

直近のデータはほぼ無い状態でテストを行ってみました。

この時の通信速度は、下りで37.7Mbps 上りで31.6Mbpsとまずまずな速度が出ているのが確認できました。

それでは、カウントフリー対象となるLINEアプリの、ビデオ通話を行ってみることにしました。テストにはiPadを使っています。

LINEのビデオ通話を1時間1分8秒おこなってみました。
テスト中にみるみるビデオ通話の画質が悪くなっているのが気になりました。

通信速度は下りで1.54Mbps 上りで1.43Mbpsとなりました。
先程と比べて通信速度は明らかに低速化しています。

さらにビデオ通話を続けてみました。

さきほどのビデオ通話に加えて、22分44秒のビデオ通話を行いました。

通信速度を計測すると、下り0.17Mbps(170kbps) 上り0.15Mbps(150kbps)となりました。明らかに通信速度制限を受けています。

データフリーの仕様について確認してみる

LINEモバイルのサイトで、カウントフリーについて確認をすると「データフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量データの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。」に該当すると思われます。

1.5時間程度のビデオ通話など、LINEユーザーのなかでは特段目立ったような使い方ではないように思います。中高生であれば、ビデオ通話を繋いだまま自宅などで長時間のビデオ電話をすることも多いでしょう。

使用したデータ量は?

それでは、使用したデータ量を確認してみましょう。

最初の約1時間のビデオ通話で消費したデータ量は、545MB

そのあとの23分ほどのビデオ通話では、111MBの通信を行ったことがわかりました。

LINEモバイルのサイトを見て確認すると、今日のLINEビデオ通話のデータ量はカウントされてないことがわかります。

データ残量を見ても、高速通信分はかなり残っています。

その後の通信速度は?

夜に再測定したところ、下り0.17Mbps (170kbps) 上り0.17Mbps(170kbps)と、通信速度制限はまだ解除されていませんでした。

翌日の確認すると通信速度制限は解除されました。どうやら、LINEの定める以上の通信を行うと当日内で通信速度制限がかかるような挙動のようです。

LINEモバイルはどうなのか

LINEモバイルの広告には目に余るものがあると感じており、「スマホが300円で使える」などと大きくテレビCMを打っているのを見るたびに違和感をおぼえます。

実際に3ヶ月っは1,390円/月の割引があり、スマホが300円で使えるというのは事実ですが、それは3ヶ月だけです。
最近では、最初の1年だけ月々1,000円引きをして、毎月の支払額を安く見せる通信会社もありますが、これは3ヶ月だけの大幅値引きなので、より悪質であると思います。

サービス開始当初からのdocomo回線に加え、昨年はSoftBank回線の提供も開始しました。さらに2019年4月よりau回線の提供もするとのことで、今後ますますのユーザー増加が見込まれるLINEモバイルですが、誇大とも捉えられかねない広告や、カウントフリーのお粗末さをなんとかしないと、ユーザーの不満を買うことになると思います。

iPhone 5sにiOS 8を入れるとdocomo MVNO SIMでもテザリングが出来るように。

Screen Shot 2014-09-18 at 8.22.24 AM
 
本日リリースされたばかりのiOS 8をiPhone 5sに入れて見ました。
docomo MVNO SIMを利用した際の挙動に変化ががあるそうなので、早速確認してみます。
 
 
image
まずは、 「ぷららモバイルLTE」の定額無制限プランSIMです。
3Mbpsの速度とはいえ通信量無制限で利用出来るので折角ならテザリングも利用したいところですが通常のiOS 7では行う事は出来ませんでした。 
 
 
 
 

image
続いて、「OCNモバイルONE」です。
1日50MB使えて通信量を超えると200kbpsに速度制限されるものですが、毎日少量しか使わないユーザーには良い選択肢と言えます。
このサービスには、1日600円ほど支払ってその日の高速通信が使い放題になるプランがあります。
このプランを使えば、旅行の際などで写真をシェアしたり テザリングでタブレットも使ったりという使い方もしたいところですが、iOS 7ではMVNOのテザリングが出来なかった為、不便でした。
 
 
 
docomo-mopera
docomoのMVNOではありませんが、mopera契約でも当然問題が無いはず。
 
 
image
結果、検証した全てのSIMでテザリングが利用出来ました。
便利になりました。
 
あとは、APNも手動設定できるようになれば良かったんですけどね。
 

日本でも、飛行機の離着陸時に電子機器が使えるように。9月1日から。

Screen Shot 2014-08-07 at 11.33.25 PM
 
国土交通省のリリースによると、9月1日から日本国内の航空機内で離着陸時などに電子機器が使えるようになります。
無条件で使えるようになるのではないので注意が必要です。
 
まず、電子機器は通信を行わない事が必要なので、スマートフォンなどは機内モードなどに設定する必要があります。
さらに、着陸時は滑走路から誘導路に入ってから使用が可能になるので着陸の瞬間から使って良いというものではありません。
また、その他色んな条件がこれに付随します。
詳しい内容は下記のニュースサイトに記載されています。
 
 
LINK : 国土交通省、9月1日から航空機内でのスマホなどの利用を「機内モード」なら常時可能に/S-MAX

LINK : 航空機内における電子機器の使用制限を緩和します/国土交通省

au isai(LGL22)をアメリカで使うときの注意

_SLR8786

au isai LGL22
 
auのisai(LGL22)では、最近の機種では当然の機能ですが「国際ローミング」が使用出来ます。
今回はアメリカ本土・ハワイで使う場合の注意を挙げてみます。
 
 
 
Screenshot_2014-05-20-00-32-27
設定から、「ネットワーク」→「テザリング&ネットワーク」を選択します。
 
 
 
Screenshot_2014-05-20-00-32-46
モバイルネットワーク(下から2番目)を選択。
 
 
 
Screenshot_2014-05-20-00-32-59
「ネットワークモード」を「ローミングのみ」にします。
そうすることで、ネットワークオペレーターの項目がアクティブになります。
 
 
 

Screenshot_2014-05-20-00-24-36
ネットワーク検索を行ったあとは、このように表示されるはずです。
エリアによってことなりますが、2014/05/20現在のアメリカのネットワーク状況と、isai(LSL22)の対応周波数状態では、AT&T(3G)と、AT&T(GSM/2G)、T-Mobile(GSM/2G)のみが利用出来ます。
 
 
ちなみにisai(LSL22)が対応するデータ通信方式は下記の通りです。
(Wikipediaより引用し、追記)
3.9G: FDD-LTE
(au 4G LTE)
(  2100MHz(Band 1),1800MHz(Band3),1500MHz(Band 11),800MHz(Band 18)  )

(新800MHz/1.5GHz/2.1GHz)
3.5G:CDMA2000 1xEV-DO MC-Rev.A
(WIN HIGH SPEED)
CDMA2000 1xEV-DO Rev.A
(CDMA 1X WIN)
CDMA2000 1xEV-DO Rel.0
(CDMA 1X WIN)
UMTS
(W-CDMA)
3G:CDMA2000 1xMC
(CDMA 1X)
 
 
なので、アメリカで使う場合、GSM/2Gで良いならAT&TとT-Mobile USの両キャリアで使う事は出来ます。
3Gが良い場合、AT&T(およびそのMVNO)のSIMしか使えません。

 
 
 

インドでiPhone 5cの8GBモデルが来月から開始へ。iPhone 4の販売終了と合わせる形に。

Screen Shot 2014-03-17 at 7.25.20 PM
 
Appleが旧機種であるiPhone 4をインドにて再販しましたが、今度はiPhone 5cの8GBモデルを来月の早いうちに販売するようです。再販されたiPhone 4の販売終了に合わせる形で、iPhone 5c 8GBモデルの投入を行うようです。
iPhone 5c 8GBモデルは当然ながら16GBや32GBモデルよりも安く販売されます。
 
iPhone 5cの8GBモデルは米国を含まないいくつかの国で販売されていますが、全てのiPhone 5cを取り扱っているキャリアから発売されていません。その国の事情に合わせて販売されていますが、今回のインドでの一件もその国の事情に合わせている物だと思われます。
 
 
LINK : Apple to introduce 8GB iPhone 5c in India by early next month following end of iPhone 4 sales Read more at http://9to5mac.com/2014/05/12/apple-to-introduce-8gb-iphone-5c-in-india-by-early-next-month-following-end-of-iphone-4-sales – 9TO5Mac

au WALLETを申し込んでみた。

Screen Shot 2014-05-08 at 11.14.31 PM
 
auが新しく発表した「au WALLET」に申し込んでみました。
電子マネーという事ですが、プリペイド式のMasterCardであり、EdyやSuicaなどの「非接触式ICカード」ではなく、クレジットカードと同じ「 磁気ストライプカード」を使う物です。
 
 
fig_img_02
 
先ほど挙げた「非接触式ICカード」と異なり、実店舗やネット上での決済など多くの店で使う事が出来るので店を選びにくいという点が最大のメリットかと思います。
銀行口座とは 切り離して使えるので、使いたい分だけチャージして使うスタイルが便利そうです。
 
 
 
Screen Shot 2014-05-08 at 11.31.49 PMScreen Shot 2014-05-08 at 11.32.01 PM
 
今ならキャンペーンを行っていて、もれなく1,000円分のチャージが貰える他、抽選で4万円が当たるみたいです。
最初のチャージは10%増額されてチャージされるというキャンペーンもやってるので、申し込むなら今がおとくそうです。
条件はauユーザーであることが大前提ですが、auユーザーで気になる方はチェックしてみてください。
 
 
LINK : au WALLET

HPの11.6インチのChromebook、Verizon LTE搭載モデルがBestBuyで$199で販売中。ただし2年契約。

Screen Shot 2014-03-20 at 5.27.26 AM

(画像はWi-FiモデルでGoogle Play Storeのキャプチャ)

 
アメリカの家電量販店BestBuyにて、HP製の11.6インチ Chromebookが$199で販売されています。Wi-FiとVerizon LTEの接続に対応したLTEモデルですがお安くなっています。この価格は通常より$100も安い価格です。
 
主なスペックは下記の通りです。

CPU SAMSUNG Exynos 1.7GHz
RAM 2GB
Wi-Fi 802.11a/b/g/n
Webカメラ 搭載

 
この$199という価格の背景には、Verizon Wirelessとの2年間契約が必要です。
もし、既存のVerizon契約者であれば、お使いの契約に、一回線追加という形でこのChomebookを契約に追加できます。
 
 
LINK : HP 11.6″ Chromebook LTE available from Best Buy for $199 – 9to5toys
 

Nokia、Lumia 930を発表。Windows Phone 8.1搭載。2,000万画素カメラと5インチディスプレイなど。

nokia_lumia_930_family
Nokiaが最新のスマートフォン Lumia 930をBuildの会場で発表しました。
Lumia 930には、2,000万画素のPureViewカメラが搭載されており、レンズにはZeissレンズが使用されています。
ディスプレイは5インチの解像度が1920×1080となっています。液晶のガラスにはGorilla® Glassが使用されています。
主なスペックは下記の通り

OS Microsoft Windows Phone 8.1
CPU Snapdragon 800 クアッドコア2.2GHz
RAM 2GB
記憶領域 32GB内蔵と7GBのOne Driveクラウドストレージ
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
位置測位 GPS/Glonass
メインカメラ 2,000万画素センサー ZEISSレンズ
バッテリー 2,420mAh(GSM通話11.5時間、3G通話時間15.5時間)
ディスプレイ 5インチ 解像度1920×1080px Gorilla® Glass
無接点充電 対応(Qi準拠)
その他 マイクが4つあり、高品質な録音が可能。Dolby 5.1対応。3.5mm AVコネクタ対応.microSD非対応

■ネットワーク
・LTE RoW ・GSM 850,900,1800,1900 MHz
・WCDMA 850,900,1900,2100 MHz
・LTE 1, 3, 7, 8, 20
■データ通信速度
・上り最大 GSM/EGPRS 236.8kbps
WCDMA/HSUPA 5.76Mbps
LTE 50Mbps
・下り最大 GSM/EGPRS 236.8kbps
WCDMA/HSUPA 42.2Mbps
LTE 150Mbps
となっています。 世界中100以上の通信事業者から発売されます。 価格は$599となっています。
尚、米国ではどの通信事業者が扱うかの発表が無い状態です。
 
 
LINK : Nokia announces the Lumia 930, a 5-inch phone with a 20-megapixel PureView camera – engadget
LINK : Nokia

Nokia、比較的廉価なLumia 630と635を発表。Windows Phone 8.1搭載。

Screen Shot 2014-04-02 at 4.17.42 PM
 
Nokiaが最新のスマートフォン Lumia 630とLumia 635をBuildの会場で発表しました。 いずれもOSにはMicrosoftのWindows Phone 8.1を搭載しており、ポップなデザインが特徴です。
Lumia 630は、3G通信限定です。SIMカードが2枚入るDual-SIMに対応する630 DualSIMという機種も用意しています。 一方でLumia 635は高速なLTE通信が行えます。
本体色は5色展開で、外装は交換が可能です。

  Lumia 630 / Lumia 630 Dual SIM Lumia 635
OS Microsoft Windows Phone 8.1 Microsoft Windows Phone 8.1
CPU Snapdragon 400 クアッドコア1.2GHz Snapdragon S400 クアッドコア1.2GHz
RAM 512MB 512MB
記憶領域 8GB内蔵と7GBのOne Driveクラウドストレージ 8GB内蔵と7GBのOne Driveクラウドストレージ
外部記憶領域 MicroSD最大128GB MicroSD最大128GB
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth 4.0 4.0
位置測位 GPS/Glonass GPS/Glonass
メインカメラ 500万画素 500万画素
バッテリー 1,830mAh(BL-5H) 1,830mAh(BL-5H)
ディスプレイ 4.5インチ IPS液晶 解像度854×480px 4.5インチ IPS液晶 解像度854×480px
無接点充電 非対応 非対応
その他 マイクは1つ 3.5mm AVコネクター対応 マイクは1つ 3.5mm AVコネクター対応

 
■ネットワーク(Lumia 630 Dual SIM)
・GSM 850,900,1800,1900 MHz
・WCDMA 900,2100 MHz
■データ通信速度
・上り最大 GSM/EGPRS 296kbps
      WCDMA/HSPA+ 5.76Mbps 
・下り最大 GSM/EGPRS 236.8kbps
      WCDMA/HSPA+ 21.1Mbps
 
 
■ネットワーク (Lumia 635)
・GSM 850,900,1800,1900 MHz
・WCDMA 850,900,2100 MHz
・LTE 3, 7, 20
北米向けモデル
・GSM 850,900,1800,1900 MHz
・WCDMA 850,900,2100 MHz
・LTE 2, 4, 5, 7, 17
■データ通信速度
・上り最大 GSM/EGPRS 236.8kbps
      WCDMA/HSUPA 5.76Mbps
      LTE 50Mbps
・下り最大 GSM/EGPRS 236.8kbps
      WCDMA/HSUPA 42Mbps
      LTE 100Mbps
となっています。
 
発売は5月からで、アメリカではT-Mobile USとMetroPCSから既に発表されています。 世界中で販売されますが、日本での発売は発表がありません。
価格は630が$159/$169(Dual SIM)。
635が$179となっており、いずれも契約が条件の価格ではありません。SIMロックフリー版も同価格です。
 
LINK : Nokia announces the budget Lumia 630 and 635 with Windows Phone 8.1 – engadget
LINK : Nokia

HTC、新型フラグシップスマートフォン HTC One (M8)を発表。

 
Screen Shot 2014-03-25 at 8.46.51 AM
 
HTCが新型フラグシップスマートフォン、HTC One (M8)をリリースしました。
 
個体の90%はメタルで出来ており、持ったときの質感がとても良いとしています。 金属で出来たカバーを磨き、鏡面状態にした上に、ブラシ加工を施し、美しいテクスチャに仕上げたのも大きな特徴だそうです。
また、HTCの新しいSense 6.0ソフトウェアでは、ユーザーがそれぞれテーマをカスタマイズできるようになります。 ”Brink Feed”では様々な情報が表示されるようになっており、多くのWebサイトに対応します。カスタマイズする事も出来ます。 また、Foursquareと提携したことにより、現在位置に基づいたオススメの情報の提供などを機能が追加されます。 ほかにも様々な機能が備わっています。 また、Fitbitとの連携機能が搭載されており、健康管理も行えます。
「Extreme Battery Saving Mode」を搭載しており、従来の機種に比べ、40%の持ちが向上しているということです。
背面にカメラを2個設置しており、Ultra Pixel技術のより進化させているそうです。 300ms以下のフォーカシングが可能なカメラを搭載しており、また細かいカメラの設定も可能とのことです。 スローモーションビデオ撮影も可能になりました。iPhone 5sと同様に後でスローになる範囲の指定も出来ます。 インカメラの画質も向上しており、アウトカメラとの切替もすぐにでき、自撮りなども綺麗に撮影できます。
また、一眼レフカメラで撮影したような背景ボケの写真の撮影もできます。 ソフトウェア処理で、ボケを再現することが出来る機能が追加されたのでボケ味を楽しむ写真の撮影も可能です。 撮影した写真に加工をするおもしろいエフェクト機能も多数搭載します。
また、HTC Advantage対象機種となり、今後2年間はOSやソフトウェアのアップデートを保証します。 また、最初の6ヶ月間は液晶が壊れても無料で交換してくれます。 (HTC Advantageについて当ブログのこちらで紹介しています。)
 
主なスペックは下記の通りです。 

メーカー HTC
製品名 M8 Google Play Edition
OS Android 4.4.2 (KitKat)
画面サイズ 5インチ フルハイビジョン 440ppi
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 801, quad-core CPU 2.3GHz
RAM 2GB
ストレージ 16GBと32GBのモデル
カメラ f/2.0, 28mmレンズを搭載したUltrapixel Duoカメラ
インカメラ 500万画素
バッテリー 2,600mAh
Wi-Fi 802.11g/b/a/n/ac
Bluetooth 4.0
外部メモリ microSD(128GBまで)
SIM nanoSIM
その他 デュアルカメラ、Motion Launch、エクストリームバッテリーセービングモード、NFC

 
対応周波数
3G – WCDMA:
EMEA: 850/900/1900/2100 MHz with HSPA+ up to 42 Mbps
Asia: 850/900/1900/2100 MHz with HSPA+ up to 42 Mbps
AT&T: 850/1900/2100 MHz with HSPA+ up to 21 Mbps
Sprint: 850/1900/2100 MHz with HSPA up to 14.4 Mbps
Verizon: 850/900/1900/2100 MHz with HSPA+ up to 14.4 Mbps
TMUS: 850/AWS/1900/2100 MHz with HSPA+ up to 42 Mbps
CDMA:
Sprint: 800/1900
Verizon: 800/1900
4G – LTE:
EMEA: 800/900/1800/2600 MHz
Asia: 700/900/1800/2100/2600 MHz
AT&T: 700/850/AWS/1800/1900/2600 MHz
Sprint: FDD 800/1900 MHz , TDD 2600 MHz
Verizon: 700/AWS/1800/2600 MHz
TMUS: 700/AWS MHz
※モデル毎に異なる周波数を採用していますので、注意が必要です。
 
230以上の通信事業者と100以上の国で販売が開始されます。 北米では、各種キャリアのウェブサイトで本日からから購入可能です。
価格は米国の一般的な2年契約で$199〜。契約無しで購入するとSIMフリーで$649〜となります。 
 
LINK : HTC
LINK : HTC One M8