Apple、新型iPad miniとiPad Air(10.5インチ2019)を発表。

突然発表された新製品

Appleは、Apple Pencil対応のiPad miniと、Smart Keyboard対応のiPad Air(10.5インチ)を発表会なしに発売を開始しました。

iPad miniでもApple Pencilに対応したり、iPad Airが10.5インチになり、SmartKeyboardにも対応するなど、アクセサリーへの対応が拡充したかたちのようです。

スペック比較表

iPad Air(10.5) iPad mini(2019)
Wi-Fi Wi-Fi +Cellular Wi-Fi Wi-Fi +Cellular
シルバー/スペースグレイ/ゴールド
容量 64GB / 256GB
重量 456g 464g 300.5g 308.2g
サイズ 174.1×250.6×6.1mm 134.8×203.2×6.1mm
ディスプレイ 10.5インチ 2,224×1,668px 264ppi 7.9インチ 2,048×1,536px 326ppi
チップ Apple A12 64bit/Neural Engine/M12-コプロセッサ
カメラ 8MP f2.4(リア) 7MP f2.2(フロント)
スピーカー ステレオスピーカー
Wi-Fi Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac デュアルバンド 2.4GHz 5GHz MIMO対応HT80
モバイルデータ通信 UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA/LTE UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA/LTE
SIMカード nano SIM(Apple SIM対応) eSIM nano SIM(Apple SIM対応) eSIM
センサー Touch ID/3軸ジャイロ/加速度センサー/気圧計/環境光センサー

中部電気の「これからデンキ デンキポート」を貰った

中部電気の「これからデンキ」というサービスがあります。スマートフォンに専用アプリを入れることで、歩数をカウントし、擬似的に電力の発電を行います。
そこで得た電気を使いスマートフォンの充電ができるというものです。中部電力契約者で、対象の料金プランを利用すれば、歩数を電気料金として精算することもできるようです。(微々たるものだとは思いますが…..)

そんな、デンキポートの抽選にあたって貰うことができましたので、ご紹介します。

デンキポートとは

デンキポートとは、Qiに準拠したワイヤレス充電用のスマホ台です。
対応する製品(iPhoneなら8以降)をここに置くことでスマートフォンの充電ができます。
製品はちょっと大きい上に、microUSBではなく専用のコネクタを使うのが残念なところ。また、充電器としての性能は5Wなので最新のスマートフォンでは充電速度に難があるところです。

専用のコネクタ。出力は2,400mAh
中央の滑り止めにもなっているリングの内側が、Qi充電できる範囲だと思われる

他のQi充電器と決定的に違うところ

この製品はほかのQi充電器と決定的に違うところがあります。それは、歩数をカウントしたスマートフォンとの接続をするためにBluetoothに対応しているところ。これでスマートフォンとペアリングします。

もちろんペアリングしなければ、ただのQi充電器として使用できます。

白を基調としたデザインでデスクに置くのに良い

自宅のデスクにおいて使うことにしました。白を貴重としており、デザインも良いと感じました。ちょっと大きいですが、安定して置くことができるので悪くありません。光るのも充電できていることがわかるので、それなりに意味があって良いと思いました。

購入先

私は応募して当選したため、無料で貰うことができました。製品は購入することも可能です。購入する場合は下記から。

カテエネWeb商店 – これからデンキ デンキポート(ワイヤレス充電器)
https://katenestore.chuden.jp/ec.product/cd/y1001.html

Apple Watch用の互換充電ケーブルを購入した

Apple Watchとは、iPhoneなどを手がけるApple社のスマートウォッチということで、世界中で人気の製品です。Apple Watchの充電には、専用の充電ケーブルが必要となっているのが使いにくいところです。今後はQiなどの充電規格に対応していくような気はしますが、現時点では専用の充電器にのみ対応しています。

ちょっとした旅行のとき、Apple Watch充電ケーブルを持っていかないと悲惨

Apple Watchのバッテリーは1日~2日程度しか持ちません。(あくまで私の使い方なので、人によってはもっと持つかもしれません)

iPhoneの充電コードなら、予備も含めてたくさん持っているほか、万が一忘れてもコンビニで買うこともできます。

しかし、Apple Watchのコードは、予備も買っておらず、コンビニで見かけたこともありません。他社メーカーも正規の認証を行えばApple Watch専用の充電コードを製造することもできるようになりましたが、価格的なメリットはあまり感じられないので、さほど出回っていないのが実情です。

Apple Watchの充電コードは高すぎる

ただ時計を充電するためだけのコードです。税別で3,5000円以上もします。予備を買うことも検討しましたが、ちょっと高いのでやめていました。なので、Apple Watchを購入して2年以上になりますが、ずっと同じケーブル1本で使ってきました。

そろそろ互換品出ないかな?

eBayで見かけたApple Watch用の互換充電ケーブル。認証品ではないので安い。

eBayで探すとすぐに出てきました。私が購入したものは、Apple Watch 1/2/3/4の4世代に対応している1mの長さのもので、価格は日本円にして577円ほどと、純正品の6分の1以下の価格で購入することができました。

互換品はちゃんと使えるのか

もちろん純正品ではないので、使用は推奨されていません。私としても使用は推奨しません。私は車の中に常においておいたり、旅行用のセットの中に入れておきたいと考えているので、安価に買えるのは大歓迎です。純正品も2,000円くらいになってくれたら、まだ検討の余地があると思いますが今の価格では購入を検討できません。

互換品の写真

製品パッケージ
充電コード オモテ面
充電コード ウラ面

私の使っているApple Watchに純正で付属していたケーブルは、充電ケーブルのウラ面が金属製でした。これはプラスティック製で、とても安価に感じます。

しかし、Apple Watchに磁石でくっつくところは同じで、使い勝手に遜色はありません。また充電用のホルダーにもぴったりとはまり、本体サイズも純正品と同等と言えそうです。

純正品じゃないデメリット

安価に買えるメリットはありますが、純正品じゃないデメリットもあります。メーカーとして推奨している製品ではないので、製品が壊れる可能性も少なからずあるでしょう。また、今後のApple Watchアップデートにより互換ケーブルは使えなくなる可能性もあります。そのあたりを踏まえて、それでも良いというのであれば決して悪い製品ではないと感じました。

私は、車載用、持ち歩き用など、いくつか予備を購入して、いつでも電池切れに対応できる体制を作ってみたいと思います。

今回購入した製品

https://www.ebay.com/itm/WIRELESS-CHARGER-FOR-APPLE-WATCH-SERIES-4-3-2-1-WITH-USB-CHARGING-CABLE-1-METER/401626342349?ssPageName=STRK%3AMEBIDX%3AIT&var=671371230765&_trksid=p2060353.m2749.l2649

こちらの商品を買いました。リンク先はeBayです。品切れの可能性もあります。ご注意ください。

中古のLenovo ThinkPad X240を購入した

Lenovo ThinkPad X240

中古でThinkPad X240を購入

手頃なWindowsノートが欲しいと思っていろいろ考えたところ、やはりWindowsノートなら保守性の高さなどからThinkPadしかないだろうと思い、Xシリーズで手頃なものを探してみました。案外安く買えたので、これから色々とハードウェアに変更を加えつつ楽しんでみたいと思います。

購入したモデルのスペックと価格は?

スペックは下記のとおりです。

OS NameMicrosoft Windows 10
System SKULENOVO_ThinkPad X240
ProcessorIntel Core i3-4010U CPU  1.70GHz
RAM4.00 GB
HDD Size297.38 GB (約300GB)
WLANIntel(R) Wireless-N 7260

スペックは高いとは言えませんが、SSDに換装したり、RAMも8GBにすれば、そこそこ使えることでしょう。価格は送料など含め15,000円ほどでした。

買ってから気付いたX240のガッガリポイント

価格のやすさと、ThinkPad Xシリーズだからよく知っているということで購入を決めてしまいましたが、購入してから調べてみると色々残念なモデルだと知りました。

RAMが1枚しか刺さらないため、RAM上限が8GBであったり、私が購入したモデルはWi-Fiモジュールが2.4GHzにしか対応していないこと、トラックパッド(UltraNav)がかなり使いにくいこと(X230やX250のようにTrackPoint使用時の物理クリックボタンを用意してくれていない)、キーボードは光らないなど、色々と省かれてしまったモデルのようです。

それも中古相場が高騰しない要因なのかもしれません。でも、キーボードの使い勝手の良さはThinkPadならではだと感じましたし、今の所動作にも問題ありません。これから使っていくのが楽しみです。