Apple、新型iPad miniとiPad Air(10.5インチ2019)を発表。

突然発表された新製品

Appleは、Apple Pencil対応のiPad miniと、Smart Keyboard対応のiPad Air(10.5インチ)を発表会なしに発売を開始しました。

iPad miniでもApple Pencilに対応したり、iPad Airが10.5インチになり、SmartKeyboardにも対応するなど、アクセサリーへの対応が拡充したかたちのようです。

スペック比較表

iPad Air(10.5) iPad mini(2019)
Wi-Fi Wi-Fi +Cellular Wi-Fi Wi-Fi +Cellular
シルバー/スペースグレイ/ゴールド
容量 64GB / 256GB
重量 456g 464g 300.5g 308.2g
サイズ 174.1×250.6×6.1mm 134.8×203.2×6.1mm
ディスプレイ 10.5インチ 2,224×1,668px 264ppi 7.9インチ 2,048×1,536px 326ppi
チップ Apple A12 64bit/Neural Engine/M12-コプロセッサ
カメラ 8MP f2.4(リア) 7MP f2.2(フロント)
スピーカー ステレオスピーカー
Wi-Fi Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac デュアルバンド 2.4GHz 5GHz MIMO対応HT80
モバイルデータ通信 UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA/LTE UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA/LTE
SIMカード nano SIM(Apple SIM対応) eSIM nano SIM(Apple SIM対応) eSIM
センサー Touch ID/3軸ジャイロ/加速度センサー/気圧計/環境光センサー

中部電気の「これからデンキ デンキポート」を貰った

中部電気の「これからデンキ」というサービスがあります。スマートフォンに専用アプリを入れることで、歩数をカウントし、擬似的に電力の発電を行います。
そこで得た電気を使いスマートフォンの充電ができるというものです。中部電力契約者で、対象の料金プランを利用すれば、歩数を電気料金として精算することもできるようです。(微々たるものだとは思いますが…..)

そんな、デンキポートの抽選にあたって貰うことができましたので、ご紹介します。

デンキポートとは

デンキポートとは、Qiに準拠したワイヤレス充電用のスマホ台です。
対応する製品(iPhoneなら8以降)をここに置くことでスマートフォンの充電ができます。
製品はちょっと大きい上に、microUSBではなく専用のコネクタを使うのが残念なところ。また、充電器としての性能は5Wなので最新のスマートフォンでは充電速度に難があるところです。

専用のコネクタ。出力は2,400mAh
中央の滑り止めにもなっているリングの内側が、Qi充電できる範囲だと思われる

他のQi充電器と決定的に違うところ

この製品はほかのQi充電器と決定的に違うところがあります。それは、歩数をカウントしたスマートフォンとの接続をするためにBluetoothに対応しているところ。これでスマートフォンとペアリングします。

もちろんペアリングしなければ、ただのQi充電器として使用できます。

白を基調としたデザインでデスクに置くのに良い

自宅のデスクにおいて使うことにしました。白を貴重としており、デザインも良いと感じました。ちょっと大きいですが、安定して置くことができるので悪くありません。光るのも充電できていることがわかるので、それなりに意味があって良いと思いました。

購入先

私は応募して当選したため、無料で貰うことができました。製品は購入することも可能です。購入する場合は下記から。

カテエネWeb商店 – これからデンキ デンキポート(ワイヤレス充電器)
https://katenestore.chuden.jp/ec.product/cd/y1001.html

Apple Watch用の互換充電ケーブルを購入した

Apple Watchとは、iPhoneなどを手がけるApple社のスマートウォッチということで、世界中で人気の製品です。Apple Watchの充電には、専用の充電ケーブルが必要となっているのが使いにくいところです。今後はQiなどの充電規格に対応していくような気はしますが、現時点では専用の充電器にのみ対応しています。

ちょっとした旅行のとき、Apple Watch充電ケーブルを持っていかないと悲惨

Apple Watchのバッテリーは1日~2日程度しか持ちません。(あくまで私の使い方なので、人によってはもっと持つかもしれません)

iPhoneの充電コードなら、予備も含めてたくさん持っているほか、万が一忘れてもコンビニで買うこともできます。

しかし、Apple Watchのコードは、予備も買っておらず、コンビニで見かけたこともありません。他社メーカーも正規の認証を行えばApple Watch専用の充電コードを製造することもできるようになりましたが、価格的なメリットはあまり感じられないので、さほど出回っていないのが実情です。

Apple Watchの充電コードは高すぎる

ただ時計を充電するためだけのコードです。税別で3,5000円以上もします。予備を買うことも検討しましたが、ちょっと高いのでやめていました。なので、Apple Watchを購入して2年以上になりますが、ずっと同じケーブル1本で使ってきました。

そろそろ互換品出ないかな?

eBayで見かけたApple Watch用の互換充電ケーブル。認証品ではないので安い。

eBayで探すとすぐに出てきました。私が購入したものは、Apple Watch 1/2/3/4の4世代に対応している1mの長さのもので、価格は日本円にして577円ほどと、純正品の6分の1以下の価格で購入することができました。

互換品はちゃんと使えるのか

もちろん純正品ではないので、使用は推奨されていません。私としても使用は推奨しません。私は車の中に常においておいたり、旅行用のセットの中に入れておきたいと考えているので、安価に買えるのは大歓迎です。純正品も2,000円くらいになってくれたら、まだ検討の余地があると思いますが今の価格では購入を検討できません。

互換品の写真

製品パッケージ
充電コード オモテ面
充電コード ウラ面

私の使っているApple Watchに純正で付属していたケーブルは、充電ケーブルのウラ面が金属製でした。これはプラスティック製で、とても安価に感じます。

しかし、Apple Watchに磁石でくっつくところは同じで、使い勝手に遜色はありません。また充電用のホルダーにもぴったりとはまり、本体サイズも純正品と同等と言えそうです。

純正品じゃないデメリット

安価に買えるメリットはありますが、純正品じゃないデメリットもあります。メーカーとして推奨している製品ではないので、製品が壊れる可能性も少なからずあるでしょう。また、今後のApple Watchアップデートにより互換ケーブルは使えなくなる可能性もあります。そのあたりを踏まえて、それでも良いというのであれば決して悪い製品ではないと感じました。

私は、車載用、持ち歩き用など、いくつか予備を購入して、いつでも電池切れに対応できる体制を作ってみたいと思います。

今回購入した製品

https://www.ebay.com/itm/WIRELESS-CHARGER-FOR-APPLE-WATCH-SERIES-4-3-2-1-WITH-USB-CHARGING-CABLE-1-METER/401626342349?ssPageName=STRK%3AMEBIDX%3AIT&var=671371230765&_trksid=p2060353.m2749.l2649

こちらの商品を買いました。リンク先はeBayです。品切れの可能性もあります。ご注意ください。

中古のLenovo ThinkPad X240を購入した

Lenovo ThinkPad X240

中古でThinkPad X240を購入

手頃なWindowsノートが欲しいと思っていろいろ考えたところ、やはりWindowsノートなら保守性の高さなどからThinkPadしかないだろうと思い、Xシリーズで手頃なものを探してみました。案外安く買えたので、これから色々とハードウェアに変更を加えつつ楽しんでみたいと思います。

購入したモデルのスペックと価格は?

スペックは下記のとおりです。

OS NameMicrosoft Windows 10
System SKULENOVO_ThinkPad X240
ProcessorIntel Core i3-4010U CPU  1.70GHz
RAM4.00 GB
HDD Size297.38 GB (約300GB)
WLANIntel(R) Wireless-N 7260

スペックは高いとは言えませんが、SSDに換装したり、RAMも8GBにすれば、そこそこ使えることでしょう。価格は送料など含め15,000円ほどでした。

買ってから気付いたX240のガッガリポイント

価格のやすさと、ThinkPad Xシリーズだからよく知っているということで購入を決めてしまいましたが、購入してから調べてみると色々残念なモデルだと知りました。

RAMが1枚しか刺さらないため、RAM上限が8GBであったり、私が購入したモデルはWi-Fiモジュールが2.4GHzにしか対応していないこと、トラックパッド(UltraNav)がかなり使いにくいこと(X230やX250のようにTrackPoint使用時の物理クリックボタンを用意してくれていない)、キーボードは光らないなど、色々と省かれてしまったモデルのようです。

それも中古相場が高騰しない要因なのかもしれません。でも、キーボードの使い勝手の良さはThinkPadならではだと感じましたし、今の所動作にも問題ありません。これから使っていくのが楽しみです。

LINEモバイルのカウントフリーで通信速度制限を受けた。

LINEモバイルが提供する通信サービスの大きな特徴と言えるのが、LINEなどの特定サービスの通信が、基本データ量に含まれず使い放題使えるというところ。しかしながら、私が契約するLINEモバイル回線で通信速度制限を受けたので、そのことについて書いていきます。

LINEデータフリーとは?

ここでLINEモバイルのデータフリーについて、すこしおさらいしましょう。
私はLINEのみがカウントフリーになる「LINEフリープラン」のSoftBank回線を使用しています。

これは、「LINEのトーク(スタンプや画像を含む)」「音声通話・ビデオ通話」「タイムラインへの投稿や閲覧」「友達の閲覧と追加」とあります。
LINEを使った音声・ビデオ通話も、このカウントフリーの対象となることははっきりと記載されています。

通信速度制限を受けるのかテスト

以前、LINEでビデオ通話を1時間ほど行ったところ通信速度制限がかかった経験があったので、それを試すべくちょっと実験をしてみました。

直近のデータはほぼ無い状態でテストを行ってみました。

この時の通信速度は、下りで37.7Mbps 上りで31.6Mbpsとまずまずな速度が出ているのが確認できました。

それでは、カウントフリー対象となるLINEアプリの、ビデオ通話を行ってみることにしました。テストにはiPadを使っています。

LINEのビデオ通話を1時間1分8秒おこなってみました。
テスト中にみるみるビデオ通話の画質が悪くなっているのが気になりました。

通信速度は下りで1.54Mbps 上りで1.43Mbpsとなりました。
先程と比べて通信速度は明らかに低速化しています。

さらにビデオ通話を続けてみました。

さきほどのビデオ通話に加えて、22分44秒のビデオ通話を行いました。

通信速度を計測すると、下り0.17Mbps(170kbps) 上り0.15Mbps(150kbps)となりました。明らかに通信速度制限を受けています。

データフリーの仕様について確認してみる

LINEモバイルのサイトで、カウントフリーについて確認をすると「データフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量データの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。」に該当すると思われます。

1.5時間程度のビデオ通話など、LINEユーザーのなかでは特段目立ったような使い方ではないように思います。中高生であれば、ビデオ通話を繋いだまま自宅などで長時間のビデオ電話をすることも多いでしょう。

使用したデータ量は?

それでは、使用したデータ量を確認してみましょう。

最初の約1時間のビデオ通話で消費したデータ量は、545MB

そのあとの23分ほどのビデオ通話では、111MBの通信を行ったことがわかりました。

LINEモバイルのサイトを見て確認すると、今日のLINEビデオ通話のデータ量はカウントされてないことがわかります。

データ残量を見ても、高速通信分はかなり残っています。

その後の通信速度は?

夜に再測定したところ、下り0.17Mbps (170kbps) 上り0.17Mbps(170kbps)と、通信速度制限はまだ解除されていませんでした。

翌日の確認すると通信速度制限は解除されました。どうやら、LINEの定める以上の通信を行うと当日内で通信速度制限がかかるような挙動のようです。

LINEモバイルはどうなのか

LINEモバイルの広告には目に余るものがあると感じており、「スマホが300円で使える」などと大きくテレビCMを打っているのを見るたびに違和感をおぼえます。

実際に3ヶ月っは1,390円/月の割引があり、スマホが300円で使えるというのは事実ですが、それは3ヶ月だけです。
最近では、最初の1年だけ月々1,000円引きをして、毎月の支払額を安く見せる通信会社もありますが、これは3ヶ月だけの大幅値引きなので、より悪質であると思います。

サービス開始当初からのdocomo回線に加え、昨年はSoftBank回線の提供も開始しました。さらに2019年4月よりau回線の提供もするとのことで、今後ますますのユーザー増加が見込まれるLINEモバイルですが、誇大とも捉えられかねない広告や、カウントフリーのお粗末さをなんとかしないと、ユーザーの不満を買うことになると思います。

Google、Google+サービスを2019年4月2日に終了へ

Googleは、同社のSNSサービス「Google+」(ぐーぐる ぷらす)を2019年4月2日に終了する事を発表した。

同社はこれまでにも、サービス終了のアナウンスを行なっていた。利用率の低さと顧客の期待に沿うことが難しいことを理由としている。

アカウントに残っているGoogle+コンテンツは、2019年4月2日に削除される予定で、Googleは3月までにデータをダウンロードするよう呼びかけている。

また、2月4日以降は、コミュニティやイベントなどの新規作成はできなくなる。それまではこれまで通り利用できるとのこと。

利用者の方で、データを保管したい人は、2019年の3月中にGoogle+のサイトよりデータをダウンロードすると良いだろう。

https://support.google.com/plus/answer/9195133?hl=ja&authuser=0

ブログドメインを失効し、WordPressに入れなくなった話

お久しぶりです。
最後の更新から1年以上が経過してしまいました。

お恥ずかしい話ですが、引っ越しなどでバタバタしているうちに、前ドメインを失効してしまいました。失効後は、再び新規で取得すればいいと思っていたのですが、それが大きな間違いだったと気付いた時にはすでに遅し。現在、前使っていたドメインはいろいろと利用され、現在はよくわからない日本語のような言語で書かれた謎の自動生成っぽいブログになっています。

今回は、ドメイン失効後にどのようにしてWordPressデータを取り出せたのか、書いていきます。

WordPress管理画面が開けない

ドメインを失効してしまったので、当然ながらサイトは開けません。
サーバーのファイルマネージャーよりアクセスを試みるも、まったくうまくいきそうにありません。
困ったところ、ネットで調べると次の記事を見つけました。

WordPressでドメインが失効したときのログイン方法
https://webnetamemo.com/coding/wordpress/201706162881

ここでは、私も使っているさくらインターネットのレンタルサーバーでの例を掲載されていたので、大変参考になりました。
記載されている方法を参考に、WP管理画面まで進んだのち、すべてエクスポート。新しく用意したドメインを設定したWPブログに、すべてインポートしました。

もう見ることができないと思っていた自分のブログ

ドメインの失効により、もう自分のブログを見ることはできないと思っていました。データは手元にあるのに、開けない。とても残念な気持ちになりましたが、仕方ありません。しかし、今回はひょんなことからブログの再開をしてみようと思い、復活に成功しました。

ついでに過去記事も

旧ブログに残してきた200を超える記事も、今回併せて復活させています。こちらは旧ブログを参照して頂ければ見ることができるものでしたが、敢えてこちらにインポートしております。

今後の更新について

今後は適当な感覚で更新を続けていく予定です。いい勉強になりましたが、もうドメインの失効はしないようにしたいと痛感しております。。

「メッセンジャーアプリデータ通信料0円サービス」目当てでFREETELを契約した。


今までiPadにイオンモバイルのSIMカードを入れて使っていました。基本的にWi-Fiで通信を行うものの、どこでも通信できる利便性に魅力を感じていたためです。そこで、1GB(500円)プランを契約し、基本的に高速通信をオフにして低速使い放題状態で使用していました。
当初はTwitterなどの利用に大きな問題を感じていなかったのですが、やはり画像などを読み込むのに大きなストレスを感じていたため、よく使うTwitterやFacebook、FacebookメッセンジャーがカウントフリーになるFREETEL SIMを契約してみました。
SIMカードパッケージはAmazonで買うことで安く手に入れることができました。
「メッセンジャーアプリデータ通信料0円サービス」は定額3GB以上のプランに契約している場合にのみ自動適用されるので、3GBプランを契約。SMSオプションも付けたので毎月の利用料は1,040円となりました。
このFREETELのサービス、対象になるサービスと内容が幅広いのが特徴です。
例えば、LINE、Facebook Messengerでは音声通話のほか、ビデオ通話まで無料の対象です。
Twitterに関しては投稿されている画像や動画(YouTubeなどへのリンク系は除きます)までもが対象です。
さらに、For iPhoneタイプのSIMカード契約なら、App Storeでの通信も無料ということです。
外出先でアプリのアップデートや新しいアプリをたくさん入れてもデータ量を消費しないということになります。

実際に使用した結果



1.1GBの通信を行なって、実際にカウントされたのは145MBでした。
Tweetbotが62.5MB流しているので、おそらくそれが利用量にカウントされてしまっているのだと思います。
ただ、Facebook Messengerで行なったビデオ通話の233MBに関してはカウントされていないことがわかります。
通信品質もそこまで悪くはなく、使いものになる感じでした。ただ日中の昼間などは通信速度が低下すると思われるのでうまく使えない可能性はあると思います。
AppStoreでアプリをダウンロード中、通信速度は5Mbps程度出ているようでした。高速ではありませんが、普通に使える速度です。
私が一番使いたかったのが、Tweetbot というTwitterアプリです。
ただし、通信料0円の対象になるのは公式アプリのみということで、おそらくデータ無料通信対象外。
Tweetbotが使えれば一番良かったのですが、やはり対象外のようで残念でした。
また、基本データ量を使い切った場合は200kbpsの通信速度制限が開始されますが、この無料通信対象のアプリも例外ではなく通信速度制限が行われるとのことです。
私の場合は3GBの契約ですから、なんとしてでも3GBを使い切らないようにしないと、月末までTwitterやFacebookなどが通常利用できなくなるということです。これは早急に改善を要求したいポイントです。

他社類似サービスについて

他社でも同様のサービスを行なっているところがあります。
たとえば「LINEモバイル」
LINEモバイルでは、3GB以上のプランをコミュニケーションフリープランと呼び、LINEやTwitterなどが無料通信対象です。
FREETELより優れている点は、月間基本データ量を使い切っても無料通信対象アプリは制限を受けず利用できる点です。
残念なところは、Facebook Messengerは対象外というところでしょうか。(LINEを使って欲しいでしょうからね)
他にもあります。
「DMMモバイル」では、「SNSフリー」を2017年9月下旬から開始します。
こちらは250円(税別)のオプションサービスとなっており、きほんでーたりょう3GB以上のプランで申し込みできます。
対象となるサービスはLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramとなっており、LINEモバイルと異なってFacebook Messengerが利用できるのが良い点です。
しかし、FREETELと異なりFacebook Messengerでの音声通話・ビデオ通話が無料通信の対象外になっています。
LINEに関してはFREETEL、LINEモバイル同様に音声通話・ビデオ通話が無料通信の対象となっています。
基本データ量を使い切ったあとの挙動については記述を確認できませんでした。
他にも何社かが同類のサービスを提供していますが、FREETELが一番幅が広いと思いました。
しばらく様子を見ながら使っていきたいと思います。

US版Amazon Driveの無制限プランが終了。大幅値上げ。

Screen Shot 2017 06 08 at 17 42 51
Amazon.comは、Amazon Drive (Amazon Cloud Storage)の無制限プランの受け付けを終了しました。
そして、既存ユーザーには現在の契約更新日までは現行のプランを維持出来るがそれ以降は同社が定めるプランへと変更となることを発表しました。
 
これまでは年額$59.99にて無制限のクラウドストレージを利用することが出来ました。
今後は下記の料金へと変更となります。
 
Screen Shot 2017 06 08 at 17 48 45
無制限プランは無くなり、最大30TBまでに。
価格はいずれも年額で、これまでの無制限プランにあたる料金だと1TBプランに相当するということになります。
なので、1TB以下しか使っていなかったユーザーはこれまで通りで、100GBも使用していなかったユーザーは値下げとなります。
しかし、それ以外のユーザーは全て値上げを受けることになります。
 
次回の自動更新を有効にしている場合、1TB以下のデータしか保存されていない場合は1TBプランで自動更新となり、それ以上となる場合は、ストレージプランでの変更操作が必要になるようです。
Amazon.com版のプライム会員は、引き続き無制限の写真保存と、5GBの無料ストレージは有効になるとのこと。
 
より詳しい情報は、公式の質問ページ(https://www.amazon.com/b?node=16591160011)を参照ください。
 
 
尚、現時点でAmazon.co.jp版ユーザーは影響を受けません。
これまでAmazon.comのAmazon Driveを利用していたユーザーは、Amazon.co.jp版のAmazon Drive無制限プランに変更すれば13,800円/年で引き続き無制限プランを使えますが、アップロードし直しの手間があります。そして、Amazon.co.jp版もいつ無制限が終了するか不明な点にも注意が必要です。

Y!mobileのスマホプラン解約時の注意

Screen Shot 2017 05 06 at 16 59 50

 
Y!Mobileのスマホプラン Lを契約していましたが、今回2年の契約期間満了につき他社にMNPしてきました。
Y!Mobileのエリアや通信速度について概ね不満は無かったものの、2年以上の継続利用についてはメリットが少なくなるので解約した次第です。
今回は解約時の注意について紹介します。
 
 
 
シェアプラン(子回線専用プラン)の注意

スマホプラン契約時は、オプション料金を支払うことでシェアSIMが使用出来ます。
スマホプランSでは月980円、スマホプランMでは490円、スマホプランLでは無料です。
これを使うことで、基本プランのデータ容量を追加SIM3枚まで利用出来るのでタブレットや他のスマホがある場合にデータ専用で使えて便利です。 
主回線を解約(MNP転出含む)をした場合、シェアプランの回線も自動的に解約にならないので個別に解約手続きが必要です。 
MNP番号を発行するときにもオペレーターの方が教えてくれなかったので、注意してください。 
 
 

データ容量2倍キャンペーン

Y!MobileへMNP転入してきた際、2年間は高速データ通信量が2倍になりました。
スマホプランLで説明すると、7GBまでは基本データ量ですが、そこから更に7GB分の通常速度に戻す追加料金が無料です。
 毎回申込みをするのが面倒なので、月14回までは自動的に通常速度に戻す申込みをする快適モードに申し込むことが出来ます。
これを申し込んだまま2年以上使うと、2年目以降は500MBの超過毎に500円(税別)が請求されます。
これは解約をしない場合でも注意して下さい。
データ容量2倍オプションは月500円(税別)で申込み出来るので、2年以上使う場合でデータ容量が2倍必要な方は忘れずに申し込みましょう。
 
 

期間限定の特典などには要注意

特にMNP特典の2年間データ容量2倍キャンペーン適用中で、快適モードにされている方は注意してください。
契約情報はMy Y!Mobileから確認出来ますので、確認しておくことをお勧めします。