調子が悪いと修理に出したGoogle Nexus 6が「異常なし」で返却された。

Screen Shot 2015 09 04 at 10 24 40 PM

ブログ記事にするのを忘れていましたが、実は数日前にNexus 6を修理にだしていました。
このNexus 6は、以前にも修理にだしており今回が2度目の修理依頼となります。 (→前回のエントリー

 

最初の修理に出した時の症状

1回目の修理に出したとき、その時申告した不具合は次のものでした。
・バッテリー残量が20%以下になると、突然バッテリーが0%になって電源を入れることが出来なくなる
・バッテリー残量が低下すると操作時にノイズが発生して、夜間などちょっと気になる
というものでした。
 
 

1回目の修理の時の対応

1回目の修理の対応は、「症状が再現できなかったが、バッテリー・ロジックボード・スピーカーを交換した」というものでした。
バッテリー残量が突然0%になるという問題は解決したものの、ノイズが発生するという事については解決しませんでした。
 
 

今回の修理依頼内容

今回の修理内容は、ちょっと特殊な内容です。
LTEが繋がり難いと思ったら、どうもLTE BAND 41 (SoftBankがAXGPとして使用) 以外接続出来ない状況にあることが判明しました。
自宅や、普段から行くような場所は概ねAXGP圏内であったため気づくのに時間がかかってしまいましたが、どうやら1回目の修理の後からおかしかった可能性が出てきました。
AXGP圏外のエリアで、SoftBank回線を使用しているiPhone(Y!mobileのシェア回線使用)では4G(LTE)を掴めているのにNexus 6では「3G」あるいは「H」にしか繋がらなかった事から判明しました。 
 
 

今回の修理結果

Screen Shot 2015 09 04 at 10 24 54 PM
今回の修理内容は、前回と同じように「異常なし」でした。
 
Screen Shot 2015 09 04 at 10 25 02 PM
 
メーカーの修理コメントには、「ご申告の症状を確認できませんでした。」といことでした。
今回は部品の交換などはなく、ソフトウェアバージョンの再インストールのみでした。
 
  

サポートに連絡

修理品を受け取り、動作テストをした上でY!mobileのカスタマーサポートに連絡をしたところ、「また発生するようだったら修理に出してくれ」という事でした。 
 
メインで使用している端末なので、長期間不在だと困ってしまうので一刻も早く解決していただきたいのでとても困っています。
少し様子を見た後、再度Y!mobileに連絡して修理に出すつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です