GoPro専用の互換のマウントを購入した。

Gopro mount adapter
先日、GoPro HERO4 Silver Edition Adventureを購入しました。(→該当エントリー
GoProには、ヘルメットや机など、両面テープでしっかり貼る事が出来るマウントが2個付属しています。
このマウントに、GoProカメラにアタッチメントをつけてからセットする事でカメラを固定でき、さらには簡単にカメラを脱着できるのでとても便利なアイテムです。
但し、一度剥がすと再利用が出来ないということから、気軽に貼るのは気が引けるアイテムでもあります。
いろいろと貼って撮影を楽しみたかったので、今回はeBayにて24個を購入しました。(12個セットを2つ注文)
 
Screen Shot 2015 08 18 at 9 38 35 PM
純正品だと平面用・曲面用の6つセットで3000円程度しますが、今回購入した互換品は12個で約800円(注文時のおおよそのレート)で購入できました。
つまり、 純正の7分の1以下で購入できました。
 
勿論、純正品ではないので壊れやすかったりするのかもしれませんが、純正品のそれもたいした物では無さそうなので、互換品でも同じかと思いました。
装着した感じは、若干の違いはあるもののしっかりとフィットして、実用に十分耐えそうだと思いました。
 

eBayで購入したのは下記の商品。 
http://www.ebay.com/itm/281766763956 
 
 
eBayでの購入は気が引ける方は、日本のAmazonでも同様に互換品が販売されているので、そちらでも良いかもしれません。

        

初めてタッチパネルを搭載した4K対応の「GoPro HERO4 Silver Edition Adventure」を購入。

 
SLR 1005
購入してすぐに使いたかったので、車内で製品写真を撮影しました。
初めてのGoPro、また初めてのアクションカムをようやく手に出来ました。

GoProシリーズ初となるタッチパネルディスプレイを搭載して、使い勝手が格段に向上しているようです。
といっても、今までも機種を使ったことが無いので比較することは出来ませんが、ディスプレイがあれば確認や設定が簡単に行えるので、無かった頃の製品が逆に信じられないと思いました。
スマートフォンなどで確認するのも結構手間ですからね。 
 
SLR 1007
GoProといえば、スノーボードやサーフボード、車やヘルメットなどに装着して「普段のビデオカメラでは撮れない」ようなシーンを撮るのに最適な小型カメラです。
逆に言うと、このカメラを普通のビデオカメラのように使うと広角過ぎだったり、細かい設定が出来なかったりしてぱっとしない映像になりかねないので、使い分けが重要と言えます。
4Kでの映像撮影も出来ますが、4Kは15fpsのみに制限されています。1080Pのフルハイビジョンであれば、最大60fpsまでサポートします。
またWi-FiとBluetoothに対応しているので、スマートフォンからの操作もできます。
(SONYのカメラ製品より、スマートフォンコントロールソフトは上手く出来ているようにも思いました。 )
 
購入価格は44,980円。
コストコで購入しましたが、この日のネット上で調べる最安値よりも安く買えたことになりました。
 

マウスコンピューターのMADOSMAがコストコで販売中。29,800円。

image
マウスコンピューターから発売されているWindows Phone 8.1搭載のスマートフォンがコストコホールセールにて販売されていました。
このMADOSMA(Q501-WH)は、OSにWindows Phone 8.1を搭載しているSIMフリーモデルで、特別な契約をせずに購入して、対応するSIMカードを挿入して使えるのが特徴です。
製品の細かい仕様についてはメーカーサイトなどをご覧頂くとして、iPhoneでもAndroidでもないスマートフォンは日本ではまだまだ数少ないのが現状です。
実際、Windows Phone 8.1搭載の国内向けモデルは現状この機種のみのようです。
image
コストコでは、モバイルセットとしてBluetoothのワイヤレスレシーバーと、モバイルバッテリーをセットにして販売しています。
今日現在の販売価格は29,800円でした。

ANKER PowerPort 10が届いた。

 
SLR 0984
先日紹介したANKERのPowerPort 10が届きましたので紹介します。
PowerPort 10の発売時のエントリーはこちら
 
 
SLR 0994
ANKERのPowerPort 10は、USBポートを10個備えておりUSBで充電出来るデバイスが同時に10台充電できます。
それぞれ、2.4Aが最大出力ですが合計で60W 12Aまでの充電となりますので2.4A充電を10台同時に行う事は出来ません。
ANKERのPower IQは、接続された機器を判定して適切な出力で充電する事が出来るようです。
そのため、全てのポートにデバイスの種類などを問わずに接続して充電出来るのが1つのポイントです。
製品は、マットな質感になっていて、さわり心地は良い感じ。
傷とか付くつどういう風になるのかが、ちょっと気になりますが、製品に極端な安っぽさは感じられません。 
 
 
SLR 0996
製品の背面には、電源用の入力口(メガネタイプ)と、電源スイッチ。
 
SLR 1001
 スイッチが入っている状態(=通電状態)は、本体のIQマークの上にあるLEDが青く光ります。
 
 
 
 
 
 
11715665285 98d90593e7 o
このPowerPort 10を購入するまでは、同じくANKER社製のAK-71AN25W-W5JAという製品を使用していました。
ANKERのこの手の製品で初めての5ポート充電タイプで、5ポート25Wのタイプです。

このときは、Power IQもないのでそれぞれのポートの出力が決められていました。
購入した時は気になっていませんでしたが、適当に接続すると上手く充電されないデバイスがあって困っていました。
(SONY SmartWatch 3がその例で、あまり高いアンペアを入れると熱だけ持って充電されない事がありました。_
 
最近では、スマートフォンやタブレットの他にも、デジカメやモバイルバッテリーなどUSBで充電する機器が増えています。
とはいえ、10ポートで60Wもあれば、たいていの人はこれ一台で事足りると思います。
旅行の時など、充電器が嵩張らなくなるのはいいですよね。友達と一緒に使ってもいいでしょう。

5ポートで不足を感じていたので、6ポート製品が出たときに悩みましたが待って正解でした。
10ポート、大過ぎず少なすぎず、ちょうどいい感じです。
 

 

※2015/08/08現在、Amazon.co.jpでは売り切れ状態となっていました。
 

ANKER、PowerPort 10を発売。 10ポート&60WのUSB急速充電器。

Screen Shot 2015 08 04 at 6 48 54 PM
ANKERが新しいUSB急速充電器を発売しました。
Power IQに対応したUSBポートを10個搭載している製品です。
過去にも5ポートや6ポートの製品はありましたが、10ポート製品は今回が初めてとなります。
各ポート最大2.4A出力、10ポート合計で12Aの出力ができます。
尚、QualcommによるQuick Charge 2.0には非対応とのことで少々残念。
 
製品は、取り外し可能な電源ケーブル(メガネタイプ)、18ヶ月の標準保証が付いてきます。