Apple iPhone 5s Caseを購入。

image

iPhone 5sを購入したので、Appleから発売されているiPhone 5s Caseを購入してみました。
MF041LL/Aという型番で、色はブラウンを選んでみました。価格は$39.00でした。

Appleの純正ケースといえば、iPhone 4用のバンパーから始まり、iPad 2のSmart Cover、第三世代iPadの時は裏面もカバーできるiPad Smart Caseなんて物も発売されましたね。

全て買いましたが、どれもイマイチでした。iPhone 4のバンパーは裏面は保護できない仕様だったし、iPad 2のSmart Coverはカバーと本体の接地がマグネットのため、接地部分にキズが付きやすく、本体の裏面は保護できませんでした。Smart Caseは待望の製品でしたが、カバーの三角形状が上手く作れなかったため、iPadを経たせて使うときのバランスが悪い製品でした。

さて、そんなApple純正のケースなんですが今回は普通に良さそうだったので買ってみました。

 

image

純正ケースなので、Appleロゴがあります。
Appleロゴは個体差があり、模様のようになっているものもあるので気になる人はお店で入念にチェックして購入した方がよいでしょう。私は出来るだけ模様のようになっていないものを選びました。
カメラ部分はプラスティックで枠が作られています。

image
AppleのサイトにあるiPhone 5s Case画像のようにAppleマークのエッジははっきりしていません。

 

 

image

マナースイッチ、音量+/-ボタンはこんな感じ。

 

image

ケースの内部にはマイクロファイバーが敷かれており、iPhoneを傷付けにくい仕様になってます。
また、iPhoneの刻印と一緒にDesigned by Apple in California Assembled in Chinaの表記もあります。

 

image

ケースの下の部分はこんな感じ。
当然のことながら、イヤフォンコネクタ、マイク、スピーカー、Lightningコネクタ部分はくり抜かれています。綺麗にくり抜かれているのと、そのあとの処理もちゃんとしてありますね。

image

iPhone 5sを装着した様子。
Lightningケーブルは、純正の物以外でも使用できました。
Appleの認証を貰っているケーブルの基準にサイズがあるか解りませんが、手持ちのPLANEX社のBN-LTCHG-Wを刺してみたところこれでもまだ若干の隙間がありました。(純正より太めです)

 

ケースの質感がなかなか良いので、気になる方はチェックして見てください。
これを購入したAppleStoreでは、ケースの実物が材質確認用として全色おいてありました。
自由に触ったり付けてみたりすることができたので、もしかしたらお近くのAppleStoreでもケースの展示を行っているかも知れませんので、気になる方は問合せをしてみてください。

 

 

■追記■2013/10/30

ケースが非常に汚れやすいため、返品してきました。
購入される方はその点を考慮してごご検討いただくことをお勧めします。

Apple iPhone 5s – Gold 64GBが届きました。

image 

発売から一ヶ月ちょっとが経過したiPhone 5sですが、ようやく買うことが出来ました。
依然高い人気を見せるこの製品は、いつAppleStoreに言っても在庫がないと言われてしまうので今回はT-Mobileのお店で予約して購入しました。

 

image

My T-Mobileから注文状況を確認すると、10/10に注文、10/11に入荷待ち、10/16に発送となっています。お店の人が、大体10営業日で発送できるだろうと言っていたので、大体合っていたことになりました。

10/16に発送したものですが、本日22日に到着しました。土日は動かないので、営業日でカウントすると5日間で到着したことになります。ちなみに発送はKentucky州のLouisvilleからでした。
Louisville, KYといえば、UPSのハブとなっていることで有名ですね。

 

image  

 

image

購入したのはゴールドです。
iPhoneシリーズでは初めてのゴールド色となるのですが、正面から見ると分かり難くなってます。ホームボタンの周りにはゴールドのリングが付いていますが、それで判断できます。
ちなみにホームボタンのリングは「ステンレススチールの感知リング」ということです。

T-Mobile USが「世界を少し小さくする」”Simple Global”を発表。100以上の国と地域で国際データローミングが無料に。

image

T-Mobile USAでは、先日発表したポストペイド(Simple Choice)契約者向けのサービスが10月後半から開始されます。
国際ローミング=高額 というイメージが一般的ですが、そのイメージが過去の物になるかもしれない大きな一歩となるでしょう。

今回のリリースでは、世界115の国と地域において追加料金なしで無制限のデータローミングを提供するということです。SMSに関しても同じです。
また、該当の国では滞在国に電話する場合、毎分¢20の通話料金で通話も利用できます。(携帯同士の通話も含む)

その国のリストは次の通りです。

Screen-Shot-2013-10-09-at-6.44.57-PM

該当の国には日本も含まれています。 該当の国のリストは今後更新される可能性があるので、詳しい情報は、T-Mobile USAのこちらを見てください。

この”Simple Global”が適用されるのは、T-MobileのSimple Choiceプラン契約者のみで、プリペイド契約者、MVNO契約者には恩恵がありません。

ちなみに、米国外で契約している携帯をアメリカに来たときにT-Mobileに繋がるように設定しても通信料金が無料になるわけではありませんのでご注意ください。

 

Simple Global料金の詳細

対応する滞在国同士 滞在国以外の国へ/国から
SMSの受信 無料 無料
SMSの送信 無料 一通 US$0.20(Wi-Fiを使って米国へのSMSは無料。また対応する国なら無料)
電話の着信
無料 無料
電話の発信 一分あたりUS$0.20(携帯同士含) 一分あたりUS$0.20(Wi-Fi Callingなら米国への通話は無料)
データ通信 通信容量無制限で無料(2G速度相当)    /
有料(3G速度相当) $15=1日定額 もしくは$15で100MB。 一週間$25で200MBパッケージ。 $50で2週間有効の500MBパッケージ。
テザリング 禁止
※滞在国同士=米国外かつ指定された国からその国の中へ(トルコからトルコへ など)
※滞在国以外の国へ/国から=米国外かつ滞在している対象となる国の外から発信された物(中国に滞在している状態で、アメリカから発信された物など)
※このプランが提供される国と、そうでない国があります。
下記のユーザーにはSimple Globalプランは適用されません。
・審査無しで購入したSimple Choiceユーザー
・プリペイド
・FlexPay
・古いプランを契約している人
下記のユーザーには国際データローミング機能は提供されません。
・プリペイド
Simple Globalに含まれない国や地域での国際データローミング機能を使用するには、携帯電話から#RON#に発信をし、機能を有効にする必要があります。
また、#ROF#をダイヤルして発信する事で、国際データローミングを無効にすることができます。
携帯端末の、データローミングを有効にする設定がオフになっているのであれば、オンにしないとデータローミングは使用できません。
また、Simple Global対象地域に到着した際、無料でデータ通信が行える旨が記載されたSMSがT-Mobileより送られてきます。この受信は無料です。これにより、対象の国や地域であるかどうかが解ります。

T-Mobile nationwide coverage is going global at no extra charge.

無料で使えるデータ通信は2G速度相当ということなので、通信速度がかなり遅いと考えて良いでしょう。しかしながら、メールや各種SNSなどを利用する事は出来ると思います。(画像や動画などのサービスは使えないか、使いづらいと思います)
2G速度とはいえ、3Gが提供されている国・エリアでは3Gに繋がるので場合によっては少し速い事もあるかも知れません。これはそのエリアの通信状況によって大きく異なります。

個人的には非常に嬉しいニュースです。海外に到着したらSIMを探しに歩くことも少なくなりそうです。

 

 

もう少し細かくまとめたページを作りました。
こちらよりご覧いただけます。

 

 

色々見ながら書いていたので、間違っているかも知れません。
間違いを見つけ次第修正していきます。
また、上記の記載は予告なく変更される恐れがあります。ご利用の前にご確認ください。

 

 

ソース
http://www.tmonews.com/2013/10/t-mobile-is-bringing-the-world-a-little-closer-together-with-simple-global/

http://www.t-mobile.com/simple-choice-international-plans.html

http://www.t-mobile.com/International/RoamingOverview.aspx?tp=Inl_Tab_RoamWorldwide

http://www.t-mobile.com/optional-services/international-service.html#TA

SMSでfoursquareを利用できるツールが便利。

image

残念ながら、対応しているのは数カ国のみで、日本でも使えませんが。。

DOTGO(http://dotgo.com)のサービスに、foursquareをSMSで利用するサービスがあります。
SMSの為、位置の測定が出来ません。そのため、前回のfoursquareチェックインの場所が指定されます。もし、違う街にいる場合なら位置を手動で指定することが出来ます。

利用登録は、http://dotgo.com/res/foursquare/から出来ます。

Screenshot_2013-10-06-17-00-34
利用登録後、368266にforsquareとSMSを送信するとメニューが帰ってきます。

Screenshot_2013-10-06-17-02-00

と、こんな感じで利用できます。チェックイン後、Twitterに投稿したり、Facebookに投稿したりするオプションもチェックイン後に選ぶことが出来ます。

 

iPhoneや各種Androidデバイスであれば、foursquareアプリを使った方が効率よく使えますが、地域によりデータ通信が遅かったりして快適にアプリケーションが利用できない事があります。
そういったときは、SMSのほうがストレスなく使える場合があるので、そういった場合に使うと良いでしょう。

サービスは無料で利用できますが、SMSの送信にかかる通信料は別途発生します。
SMS使い放題プランか、無料送信出来る回数が多いプランを利用している人は気兼ねなく利用できて更に良いでしょう。

米CLEAR、WiMAX料金を値上げ?

image 
▲CLEARのWi-Fiルーター、CLEAR Spot® Voyager

北米でWiMAXサービスを展開しているCLEAR WireのWiMAX料金プランを調べてみると、値上がっていることが判明しました。

image

上のキャプチャは、新規アクティベーションの画面であり既存の顧客は前の価格のまま利用できるのかも知れませんが、詳細については知りません。

米CLEAR、CLEAR Spot Voyagerのレッドを期間限定で販売開始。さらに新プランも登場。 – Arakawa’s Blog

新料金プランは、4G Internet Planが$54.99。 4G Internet Basicが$39.99となっています。

私が2013年2月4日に投稿したエントリーにあるキャプチャ画像に記載されている料金プランと比較すると、4G Internet Planが$49.99。4G Internet Basicが$34.99なので、両方のプランで$5の値上げとなっています。

4G Internet Planと4G Internet Basicのプランの差は、通信速度のみで、通信量制限はありません。前者は下り6Mbps、上り1Mbps。 後者は下り1.5Mbps、上り0.5Mbps(500Kbps)が公称の速度になっています。実際は電波状況により、これ以上出ることも出ないこともあります。