T-Mobile USAはプリペイドでも国際ローミングに対応していた。

もちろん、プリペイド残高が無いと使えません。

Screenshot_2013-05-27-13-04-47

先日、日本に戻った時、T-Mobile USAのプリペイドSIMを挿入したNexus 4を持って行きました。
ちなみにdocomo回線はGALAXY NexusにSIMをいれて使用していました。

さて、このT-MobileプリペイドSIMがどんな挙動をするのか楽しみにしていましたが、国際ローミングで日本のSoftBankの電波を掴むことができました。

Screenshot_2013-05-25-17-09-00

日本で初めて電波を掴んだときにT-Mobileから送られてきたSMSがこちら。
国際電話の使い方の他に、データ通信は高額だから気をつけてね!というアナウンスがありました。
気になるデータレートですが、1MBあたりUSD15(1500円くらい)と、非常に高額です。
しかしここはプリペイドです。プリペイドに残高が無ければ利用できないので、高額請求が来る心配はありません。安心ですね。

ちなみに通話は1分あたりUSD2.69(270円くらい)

使う分だけチャージしている使い方なら特に心配することは無いでしょう。
データローミングOFFにしていれば、勝手に通信することも無いので。通話は米国の番号がそのまま利用できました。

 

image

T-MobileのWebサイトから国際ローミングに関しての記述を確認すると、日本での事業者欄にSoftBankしか表示されませんが、docomoに接続することは出来ました。
しかし、すぐSoftBankに戻ってしまうという現象があったのでSoftBank優先となっている?のかもしれません。

ちなみに、docomoユーザーはアメリカに行ったときT-Mobileの電波も利用できます。

[LINK] T-Mobile International Roaming

※為替レートはUS$1=100円くらいで計算している簡易的なものです。

 

 

■追記■(2013/10/22)

少し前にT-Mobile USは日本国内でのNTT docomoへの接続を開始しました。
それとプリペイドではデータローミングは使えないという公式の表記を見つけました。
そのためプリペイドだと国際データローミングは行えないことになります。

デルタ航空 578便(成田国際空港NRT to ホノルル国際空港HNL) ビジネスクラスの機内食

 

_SLR9161

デルタ航空 578便、成田発のホノルル行き搭乗したので、機内食をご紹介します。
今回は、Boeing 747-400という航空機で、RegNo.はN666US。ノースウェスト航空が保有していた機体です。機内食には関係ありません。

 

※今回は諸事情により写真は全て一切の加工をしていません。通常は色や角度を整えてからブログに利用しています。

 

FRST COURCE
ファーストコース

_SLR9114

ファーストコースの内容。

 

_SLR9107

ミックスグリーンサラダ
キュウリ、トマト、アーモンド添え
MIXED GREEN SALAD
with cucumbers, tomatoes and almonds

 

 

_SLR9110

ブロッコリーのクリームスープ
CREAM OF BROCCOLI SOUP

 

_SLR9101

お寿司
SUSHI

 

_SLR9104

プロシュートハム、メロン、イチゴ
PROSCIUTTO, MELON, STRAWBERRY

 

_SLR9106

パン
BREAD

 

 

 

MAIN COURCE
メインコース

_SLR9123

海老チャーハン
SHRIMP FRIED RICE

 

_SLR9147

イタリアンカンノーリ
ITALIAN CANNOLI

_SLR9152

シアトルズベストコーヒー
SEATTLE’S BEST CAFFE

 

 

という内容でした。

デルタ航空 599便(ホノルル国際空港HNL to 福岡空港FUK) ビジネスクラスの機内食

_SLR8541

デルタ航空 599便、ホノルル発の福岡行きに搭乗したので、機内食をご紹介します。
今回は、Boeing 767-300ERという航空機で、9時間を超えるフライトでした。
福岡に降り立つのは実は今回が初めて。B767の新型シートを試したかったので福岡便をセレクトしてみました。最終目的地は成田なので、福岡から全日空便に乗り換えて羽田まで飛ぶ予定です。

 

 

FRST COURCE
ファーストコース

image

ファーストコースの内容。

 

image

ミックスグリーンサラダ
ドライクランベリー、キュウリ、トマト、松の実添え

MIXED GREEN SALAD
with dried cranberries, cucambers, tomatoes and pine nuts.

 

image

カリフォルニアロール、海老のお刺身と海藻サラダ
CALIFORNIA ROLL, EBI SHRIMP SASHIMI
AND SEAWEED SALAD

 

image

トマトとバジルのスープ
TOMATO BASIL SOUP

 

image

パン
BREAD

 

 

MAIN COURCE
メインコース

image

牛ショートリブの煮込み、赤ワインソース仕立て
パースニップのピューレ、ベビーキャロットの五香粉風味添え
BRAISED BEEF SHORT RIBS

 

image

チョコレート・プロフィテロール
CHOCOLATE-COVERD PROFITEROLES

 

 

image

シアトルズベストコーヒー
SEATTLE’S BEST CAFFE

 

 

SNACKS
スナック

 

image

ナッツ
NUTS

 

image

デルタ プリッツェル
DELTA PRETZELS

 

 

という内容でした。
今回も飛行機の中でエントリーの下書きを作成しています。
ThinkPadのACアダプターを忘れましたが、9セルバッテリーなので何とかなるかな、と思ってます(^^;;

新しいGoogle Mapを試す。

image

 

先日のGoogle I/Oで発表された新しいGoogleMapを試してみました。
とりあえず、新インターフェイスと、旧インターフェイスの比較をしてみます。

 

image新インターフェイス。

 

image旧インターフェイス。

 

 

新インターフェイスの方が、初期状態でのマップ表示領域が広く、旧インターフェイスに比べて一覧性が高いと言えます。

さらに比較用として、iOS Maps(iOS 6.1.3のもの)を出してみました。

photo (2)

解像度が違うため、フェアな表示ではありませんがデザインに注目してください。
iOSのMapsと、新Google Mapsはデザインが似ている気がします。
個人的には、iOS Mapsの真似をしているように思えました。

 

image

また、このような表示も出来るように。 (これもiOSのにそっくりですね。)

image

地図もラスターからベクターに変わっています。これは、データサイズ軽量化のために良い試みだと思います。
ちなみにAndroid版のMapsアプリもだいぶ前にベクターに変わっています。(今回のとは関係なし)

 

image

個人的に使いにくくなった点を上げると、ストリートビューの表示です。従来は、黄色い人型のアイコンを道にドラッグすることで表示できました。
ドラッグをする際に、線が青くなった場所=ストリートビューカメラが通過している事を示します。
そのため、見れれる場所が解りやすかったです。

 

image

新しいGoogleMapsでは、道をクリックする事で画面の左上にストリートビューの画像が出てきます。
これをクリックすることで従来と同じようなストリートビュー画面に切り替わります。

しかし、クリックした地点をストリートビューカメラが通っていない=画像が無い場合は、最寄りの場所が表示されてしまいます。
これが非常に分かり難く、ユーザーはクリックした地点の画像だと思ってしまう可能性があります。
特に知らない場所であれば疑う余地もありません。

ここは早急に改善されるべき点だと思いました。
ユーザーはフィードバックをGoogleに対して送ることが出来るので、気になった点があればGoogleに報告すると良いと思います。

 

image

新Mapsではこのような事も出来るようになりました。
いろんな機能が追加されて面白いですね。

 

まだ一般リリース前なので、従来のGoogle Mapsにもアクセスできます。
新しいGoogle Mapsをいち早く使ってみたい場合は、ここから登録するとGoogleより招待メールが届きますので、登録して利用することが出来ます。
Googleアカウントに紐付けされますが、画面右上から従来のマップに切り替えることも出来ます。
正式リリース後は出来なくなると思います。

(2013/05/21)

札幌wifiレンタル.comのEMOBILE LTE GL04Pを注文

image

ガジェットショットさんの記事で話題になっていた物ですが、契約したのでご紹介します。
ちなみに既に販売終了となっているので今から注文することは出来ないようです。

クーポンサイトの「グルーポン」にてEMOBILEのLTE対応ルーターGL04Pを6ヶ月レンタルできるクーポンが発売されており、このクーポンを適用することで6ヶ月のレンタルが5,880円で利用できるという物です。
6ヶ月で5,880円ということは、毎月980円となり、レンタルとはいえ類を見ない安さとなっています。ちなみに、通常であれば21,000円(6ヶ月)という価格です。

尚、端末を壊したりすると本体代金として42,000円が請求されるなど、レンタルならではのデメリットもあります。保証サービスがあるので、毎月315円加算されますが加入してみるのもいいでしょう。私は加入してみました。

また、6ヶ月の利用期間が終わったあとは延長することも出来ますが、料金は今回のキャンペーン価格ではなくなるため高くなります。ですが、特別料金が適用されるとのこと。また、返送時の送料を利用者が負担する必要があります。

[via  イーモバイルLTE GL04Pが月額980円で利用できる格安クーポンが登場 – ガジェットショット]

届くのは6月1日以降と言うことで、残念ながらしばらく実機に触ることが出来なさそうです。

■追記■ 2013/07/29

レンタル期間が満了した後も月額にして2980円でレンタルを継続できるということです。

T-Mobile HSPA+回線で通信規制を受けたと思ったが、APNの設定で解消できた。

一昨日あたりから、T-Mobile HSPA+回線の通信速度が下りで1.6Mbps程度になってしまい、時間的・場所的な問題だと思っていましたが、どこで速度計測をしても1.6Mbps程度になることに気づき、通信速度制限に掛かったと思っていました。
ところが、APNを変更することで通信速度が戻ったので、メモとして載せておきます。

Screenshot_2013-05-21-10-00-10

まずこれが、突然おかしくなった通信速度のスピードテスト結果。
上りがそれなりに出ているため普通に使えます。YouTubeなども特にストレス無く普通に見れました。

Screenshot_2013-05-21-15-32-17

実は、Nexus 4でLTEを掴めるかもしれないと期待しており、常時T-Mobile US LTE用のAPNに接続していました。
APNは、「fast.t-mobile.com」 しかし、このAPNから、通常のAPN「epc.tmobile.com」に切り替えたところ、たちまち通信速度が戻りました。

Screenshot_2013-05-21-14-45-17

APNを通常のに変更した直後のスピードテスト結果がこれです。
LTE用のAPNだと下りで1.6Mbpsしか出ていなかったものが、下りで7.93Mbpsも出るようになりました。(上りが遅くなっているのは場所が変わった為)

その後も、数回の速度測定をしましたが、1.6Mbps程度に留まること無く2Mbps~8Mbpsまで出ることを確認できました。
先日は、LTE用のAPNで接続していたためか一日中通信回線が遅く困っていましたが、これでとりあえず解決できた感じです。

Screenshot_2013-05-20-08-02-29
そしてこれが直近の通信速度。(LTE APN)

この件に関しては、APNが原因で無い場合も考えられますが、実際の所よく分かっていません。

とりあえず、解決したのですが、原因が分からないのはさっぱりしませんね。。。

T-Mobile USAのLTE展開予定について

8570851497_a73877e204_o

T-Mobileの非公式ニュースサイト「TMoNews」によると、T-Mobileはこれからの2ヶ月で競合他社に付けられた差を埋めるためにネットワークの整備に取りかかるとニュース記事を掲載しました。
これはあくまで噂であり正式発表ではありません。

Austin, Texas; Honolulu, Hawaii; Minneapolis and St Paul, Minnesota; Tulsa, Oklahoma; Sacramento, California; Philadelphia, Pennsylvania; San Francisco それと一部の Los Angeles エリアについては5月にも整備が始まるようです。

 

  • Atlanta and Sandy Springs, Marietta, San Antonio
  • Austin and Round Rock, San Marcos (5月を計画)
  • Part of the Carolinas – Charlotte, Rock Hill
  • Chicago and Joliet, Naperville
  • Cincinnati and Dayton
  • Cleveland
  • Connecticut – Bridgeport, Stamford, Norwalk
  • Columbus and Mentor
  • Dallas and Fort Worth, Arlington
  • Denver and Aurora, Broomfield
  • Detroit and Warren
  • Honolulu and Maui (5月を計画)
  • Long Island, New York and New Jersey – specific areas unknown
  • Los Angeles and Pasadena, West Covina, West LA, Metro LA, Burbank, Beverly Hills
  • Oklahoma City
  • Orlando
  • Miami and Fort Lauderdale
  • Minneapolis and St Paul, Bloomington (5月を計画)
  • New England – Boston, Cambridge
  • Philadelphia and Camden, Wilmington (5月を計画)
  • Sacramento and Arden, Arcade, Roseville, Fresno
  • San Diego and Carlsbad, San Marcos
  • San Francisco and Oakland
  • Seattle and Tacoma, Bellevue
  • Tampa
  • Tulsa – (5月を計画)
  • Phoenix and Tucson (5月を計画)

本文より引用(括弧内は日本語に書き換え)

 

上記に記載されてる地域以外は、6月までの計画地域に無い可能性があり、今年の夏もしくはそれ以降になる可能性が高いと見て良いでしょう。

 

個人的に、ホノルル(オアフ島,ハワイ州)がこの5月の段階で利用可能になりそうなリストに含まれていることを嬉しく思います。

いつから、どのあたりから接続できるのか楽しみですね。ホノルルと言っても広いです。
尚、この記事を書いている段階で、AT&TとVerizonのLTEはホノルルで利用可能です。
(私が計測したところ、ホノルルエリアの通信速度はAT&Tで下り20Mbps超程度、Verizonで下り10Mbps程度でした。)

 

T-Mobileでは2013年の夏までにより多くの人口をカバーするべくLTEネットワークを整備する予定ということなので、これはそれに向けた第一弾、第二弾と言ったところでしょうか。
期待しましょう。

 

[source via TmoNews]