携帯の回線を整理したいので色々考えてみる。

現在契約中の通信回線一覧

私は2012/03/28現在で上記の通信回線を契約しています。このほかにプリペイド(EMチャージ)のイー・モバイル回線がありますが月額契約ではないので表記しないでおきます。

 

現状でUQ,au,docomoの3回線でパケット定額プランの使い放題一定額プランに加入しています。
SoftBankはただとも用で使って居るので継続するつもりですが、au ISW11HTは家族通話にしか使って居ないので解約候補回線です。

また、auのiPhoneはパケットを安いプランに切り替えてしまうのもアリかなと検討中です。
最近はWiMAXのエリアが広くなったおかげで非常に多くの場所でWiMAXが快適に使えるようになりました。
そのため、電源を入れっぱなしでデパートの中に入っても通信できていることもあるくらいなので、1日ずっと使って居ることもあります。

auの通信回線は応答速度が優れている気がするのでtwitterなどをするために残しておきたい気がしますが、解約の候補にあがりそうです。

docomoのGALAXY NEXUS回線は、UIMをiPadで使う予定なので電話回線だけど電話を使わないことになります。学割も適用中で、Xiも対応機種なら使えるという回線なので解約はしません。

 

となると、パケットプランだけで14,385円/月が発生していましたが、au(ISW11HT)を解約し、au(iPhone4S)をダブル定額スーパーライトに切り替えると、9,672円/月にまで押さえることが可能です。
この際、docomoのXi回線とauのiPhone4回線だけ残して後は全て解約というのも考えてみました。

そうすると…. ん~微妙ですね。

 

できれば一台に絞りたいなと考えていますが、ん~。やっぱりこのまま契約続行ってことになりそうです。

 

ぐだぐだ書いた挙げ句、結局現状維持という事になってしまいました(^^;

Nikon D300でEye-Fiカードを使う。

use eye-fi card with sd to cf adapter for nd300

デジカメで撮影した写真をパソコンを使わずして、各種スマートフォンやパソコンへ写真を転送できるEye-Fiカード。
このカードはWi-Fiで写真を転送することができるWi-Fi内蔵のSDカードです。
しかし、折角のEye-Fiカードをコンデジだけで使うのはもったいない。是非、私のNikon D300で使いたい!というのが前々からありました。
しかし、Eye-FiシリーズはCFカード版のリリースがされていなかったので、SD to CFアダプターを使う事にしました。

ネットで適当な物を買って使ってみましたが、全く動作せず。
Twitterでいろんな情報をくれた方が居たので、Nikon D300でPhotofast CR-7000が使えるかどうかを調べていたところ、D300で使う設定方法が公式ページに書いてありました。

 

Nikon DSLR Camera Power Settings
http://support.eye.fi/camera-questions/power/optimize-camera-power-settings/nikon-dslr-camera-power-settings/

 

ここによると、Nikonのデジタル一眼レフカメラの電源設定を変更することで利用できるようです。

DSC_0008

Nikon D300の場合、MENUボタンからカスタムメニュー(鉛筆マークにタブを合わせて)へ。

 

DSC_0009

その後、「液晶モニターのパワーオフ時間」を、

 

DSC_0010

1分に。(長ければ長いほど良いけどバッテリーの兼ね合いもあるので私は1分程度をオススメ)

DSC_0011

そして、「半押しタイマー」を、

DSC_0012

30分に変更しましょう。制限なしでも良いのですがさっきと同じようにバッテリーとの兼ね合いもあるため30分程度が良いようです。

これでカメラ側の設定は完了です。

 

 

image

試しにiOS用のアプリケーションから受信してみました。
ダイレクトモードでちゃんと動作しているのを確認できました。

 

ちなみに、個体によるかもしれませんがLenovo ThinkPad X201s内蔵のSDカードリーダーでEye-Fiの設定が可能でした。(ファームウェアのアップデートもできました)
別のカードリーダーではうまくできませんでしたので参考までに。

iPhone 4 8GBを購入!

image

今日は、近所のイオンでiPhone4 8GBを機種変更で買いました。端末代金は一括で0円でした。
しかし、各種コンテンツやオプションが付いたので実質数千円という所ですね。

 

iPhone4 8GBは、iPhone4Sが発売されてから発売された機種で、かなり安く売っているのを見かけます。
しかし、機種変更で0円なのは初めて見ました。 iPhone4 16GBもiPhone4Sも白なので、今回ばかりはブラックにしようとも考えましたがホワイトにしてみました。

 

この機種は、何に使おうかな。これから考えてみます。

ダイソーのリサイクルインクを試す。

image

今日、家の近くにあるダイソーに立ち寄ったところEPSONのIC50系統用リサイクルインクが売っているのが目に付いた。
今までEPSON用だとIC32用は良く見かけたが、手持ちのIC32対応プリンターは既に壊れていたので買うことはなかったが、今回見つけたのは今使って居る機種に対応するIC50タイプだったので、買ってみることにした。

 

リサイクルインクとは、純正インクを回収して社外製インクを詰めて再販しているものであり、インクの質や色合い・耐久性など、純正と大きく異なる部分がある。しかし、その分価格が安くなると言うメリットもある。

また、互換インクと違う良い点はインクの内部構造は純正のままなので、インクがあまり漏れない設計となっている。
安物の互換インクを買ってしまうと、インクが良く漏れて、「廃インクパッド」が駄目になる時間が早くなる。そうすると修理するのに結構なお金が掛かってしまう。

また、純正のICチップにリセッターを掛けていることが売り場の商品を見て分かったので、これは良いかもしれないという期待を込めて買ってみた。

しかし、リサイクルインクはあくまで社外品でありメーカーの保証が無くなってしまったり良好な印刷結果を得ることができなくなる場合があるので自己責任で利用してください、

 

 

image

ということで、今回買ったのはEPSON IC50シリーズ用のリサイクルインク。各色210円。6色買っても1,260円。
純正インクだと6色パックで5,207円(2012/03/23 19:02のAmazon価格)なので、ダイソーのリサイクルインクは純正に比べて4分の1以下のコストで購入することができる。

 

DSC_0083

これがカートリッジです。リサイクルインクなので純正品と同じです。ラベルだけ貼り替えてあるようだ。

 

image

ICチップの「EPSON」刻印部分には黒いマジックで線が引かれていた。しかし、光の具合でよく見える。

 

image

「詰め替えは推奨しません」と書かれて居る為、このインクにインクを補充するのはあまり良くないと考えた方がいいのかもしれない。。
しかし、ICチップリセッターとインクが有ればできる気もします。(ELECOMあたりが販売してるキットを使用して)

image

最初に入れたのはブラックインク。純正品と全く同じように認識して充填が開始。

 

肝心の印刷結果ですが、まだブラックとイエローしか交換していないのでよく分からない。
しかし、その2色が目立っておかしいという事は無く、普通に印刷出来ていると感じている。
配布用の資料や、メモ代わりに印刷しておきたいドキュメントなどには価格も安く抑えられて良いかも。
写真印刷などの場合は純正インクが良いと思うので、もう一台プリンターがあると良いと思う。

(適当な印刷は詰め替えインクを使ってるプリンターで、大事な印刷は純正インクしか使わないプリンターで というような使い分けも面白い)

 

IMG_20120323_134159

IMG_20120323_134205

他にもダイソーにはCanonのインクやEPSON IC32用のICチップリセッター、ブラザー用の詰め替えインクなど売っている店舗もあるので、気になる方は是非。

ちなみにインクカートリッジの回収は売り場にボックスがあってそこに入れる方式。
(回収する代わりに割り引きとかしてくれたらいいのに、と思いました。)

 

ということで、コストパフォーマンスに優れたダイソー リサイクルインクの紹介でした。
(個人的には長期保存しない印刷などにオススメします。)

Apple iPhone 4Sが修理から帰ってきた。 (本体交換)

私のiPhone4Sの異変に気づいたのは2011年の年末。
SIMカードを認識しない事が多く、また純正の音楽アプリでもアルバムアートが正常に表示されない事や音量がたまにおかしくなってしまう事があり、リストアやOSのバージョンアップをしても改善されなかったので、本体の不良ではないかと考えました。

複数台携帯を使用しているとはいえ、一台の携帯が使えないというだけで不便になります。
ましてや年末に修理に出せば帰ってくるのも遅くなるとだろうという事で2月に修理にだしました。

すると、異常なしで帰ってきてしまいました。

このことを、Appleのシニアアドバイザーと電話でお話した結果、診断では判明できない不良の可能性があるので本体を取り替えますとお約束して頂きました。

そこで、修理に出して数日でAppleから新しいiPhoneが届きました。

image

本体交換の場合は、戻ってくる箱が異なります。
これがその交換時の箱。

 

image

そして、コレがその中身。

_DSC8246

このような感じでiPhoneは包まれています。

_DSC8243

それに、こんなメッセージが同梱されています。SIMピンも含まれているので、少しオトクです。

 

image

iPhoneは新品と同じようにフィルムが貼ってあります。

image

フィルムを剥がします。

_DSC8254

一つ気になったのが、Dockコネクタの横にあるビスが若干潰れていました。肉眼で見る限り、そんなに酷くは見えませんが写真で見ると結構潰れているように見えます。
普通に使う際に、このビスを外すことはありませんから問題はありませんがちょっと気になります。

 

 

何はともあれ、iPhone4Sが新しくなって帰ってきたので良しとします。

GALAXY NEXUS + Bluetoothキーボード + Bluetoothマウスの組み合わせが便利!

この間、新規でdocomo SC-04D(GALAXY NEXUS)を購入してきました。
Android4.0は私に新しいAndroidの世界を体験させてくれ、久々にAndroid楽しいなと思いました。
Android2.3までのデバイスしか持っていなかったので、この差は大きいです。

さて、GALAXY NEXUSではBluetooth 3.0をサポートしています。またマウスも使えるという話を聞いたので、GALAXY NEXUSとキーボード、マウスをBluetoothで接続してみることにしました。

image

用意したのは、SAMSUNG GALAXY NEXUS(docomo SC-04D)とREUDO RBK-2000BT3(BTキーボード)とThinkPad Bluetoothレーザー・マウス(BTマウス)の3点です。

それに加えて、ATOK(有料アプリ)も用意します。こちらはAndroidデバイスにインスールしておいて下さい。

 

Screenshot_2012-03-13-16-30-30

 

 

 

 

 

 

 

 

GALAXY NEXUSから設定を開き、BluetoothをONにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Screenshot_2012-03-13-16-26-46

 

 

 

 

 

 

 

REUDOのBluetoothキーボードならタップして接続中の時にキーボードで0000と入力してEnterを押せばペアリングができるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

試しにEvernoteを使用している様子。
以前、SAMSUNG GALAXY Tab(docomo SC-01C)で同じようなことをした記事があります。

 

  • REUDO RBK-2000BT3を買いました。(Arakawa’s Blog)
  • この記事では、GALAXY TabとREUDO RBK-2000BT3(BTキーボード)とThinkPad Bluetoothレーザー・マウス(BTマウス)を接続していますが、このときはまだATOKがBluetoothキーボードのサポートをしていなかったようで、ATOKで使うにはやや不便な面がありました。
    しかし、今はBluetoothキーボードもしっかりと使える仕様になっているので、利便性は格段にアップしたと言えるでしょう。

iPhoneやiPadでもキーボードは使えますがマウスが使えるのはAndroidだけなので、マウスを使いたい方はAndroidがオススメですね。
キーボードで入力して画面をタッチするって言う動作はどうも慣れないので、マウスがあれば外出先でのメモやメールなど長文も楽々打てそうで色々と捗る様子が目に浮かんできます。

 

image

image

なかなか見た目も格好いい感じで良いですね。