SONY PlayStation Vita Wi-Fiモデルがとどきました。

DSC_0563

新しい物には興味津々で、PlayStationPortable(PSP-1000)も発売日に購入した事を思い出しましたが、PS VITAも発売日に買ってしまいました。もちろん予約して買いました。

 

DSC_0564

パッケージの裏はこんな感じ。
アクセサリーについてなどいろいろ書かれています。

 

DSC_0567DSC_0568

コレが本体。
特にオドロキはありませんね。「あ、とどいたか」という程度で新しいわくわくというのは有りませんでした。
本製品の特徴として、画面はタッチパネル、裏面にもタッチコントロールできるパッドがあり、カメラは2つでインカム付きとなっています。
バッテリーは脱着不可っぽく、充電器は専用コネクタとなっています。メモリーカードまで専用品。
PSPは5Vの端子で充電できたのでいろんな機械の充電器が流用できましたが、今回はそれが出来ないようです。
また、メモリーカードはMemoryStick系ではないPS VITA専用の物となっており、パソコンのカードリーダーでは読み書きすることが出来ないそうです。(今後、読み書きするようなアダプターがサードパティーから発売されることも有りそうな気がしますが)

 

 

DSC_0569

これが充電器。
USBなのでパソコンでも充電できるのでしょうか。USB給電は項目があるので給電だけで充電は出来ないかもしれません。
ACアダプターもiPad用の物では充電できず、もしかしたら細かい仕様が同じじゃないと充電できない仕様かもしれません。
非常に厄介です。eneloopなどでも充電できないのかな? 変な仕様にしてくちゃったなあと、ちょっと残念です。

筆まめ Ver.22を英語版 Windows7で使用する方法

cameraroll-1323860601.410437

今年も師走になりました。久しぶりに筆まめを買うことにした筆者ですが、私のThinkPad X201sは英語のWindows7を買うときに選択していたのでもしかしたら正常に動かないのではないかという不安がありました。
しかし、買わなくては分かりません。そして、買ってインストールすると予想通りちゃんと動かないことが判明しました。

備忘録代わりにもブログに正常に動くようにする設定をする方法を書いておきますので英語版のWindowsをお使いのかたは参考にしてみてください。尚、環境によってはそれでも正常に動かないかもしれないと言うことを言っておきます。

 

問題となる動作
住所録作成画面で、「東京都文京区・・・」というように日本国内の住所を入力していると予測で次の地域名を50音順で表示して入力アシストしてくれます。この部分でフォントがうまく表示できずにフリーズしてしまいます。

コレを直すためには予測アシストをオフにする必要があります。しかし、正式な機能の名前が分からないのでそれっぽい機能を片っ端から切っていきたいと思います。
そうすることで、正常に使えるようになりました。

 

image

まず、筆まめ Ver.22を通常通りインストールして、パソコンを再起動。その後、筆まめ Ver.22を起動してください。

image

既に左上のアプリケーション名が文字化けしているが分かります。しかし、ファイル(F)などが文字化けしていないので不幸中の幸いと言えましょう。
ちなみにここはこれから紹介する手順では直りません。

 

image

まずは、オープニングメニューを閉じます。

 

image

設定(S) から 環境設定(E) を開きます。

 

次の画像と同じようにチェックを変更させてください。
image

image

image

image

これで、住所録作成画面でフリーズすることはなくなりました。
しかし、冒頭にも書いたように必ずしもという物ではありませんので参考になさる方は要注意です。

 

 

尚、筆者の環境はこのとおりです。

パソコン:Lenovo ThinkPad X201s
OS:Microsoft Windows 7 Home Premium SP1 64Bit English
RAM:8GB
SSD:128GB
CPU:Intel Core i7 L640 2.13GHz

台湾発!ノートパソコン用の画期的なサブモニター GeChic On-Lap 1301を試す。

DSC_0529

台湾のGeChicという会社で発売されているOn-Lapシリーズが日本上陸すると言うことなので、メーカー様よりお借りすることが出来ました。早速レビューしたいと思います。

GeChicのOn-Lap 1301は13.3インチのTFT液晶モニターで、ノートパソコン用の外付けモニターというコンセプトの元開発されているようです。既にLenovoやTOSHIBAからも似たようなUSB接続の外付けモニターは発売されてきましたが、このOn-LAP 1301は、ノートパソコンの天板に吸盤で液晶を吸着させ、フリップアウトして使う事が簡単にできる面白い製品となっています。

※尚、ここで紹介している製品は発売前の物なので、実際に発売される物とデザインや付属品などが異なる場合があるかもしれません。予めご了承ください。

DSC_0536

付属品に、吸盤とノートパソコンに貼る吸盤吸着用シール、VGAケーブル、HDMIケーブルとなっております。
電源供給用のUSBは本体に最初から繋がっている状態です。
尚、各ケーブルは細めで柔らかく取り回しは悪くありません。

 

DSC_0539

この不織布の中に液晶ディスプレイが入っています。わくわくします。

 

DSC_0542

GeChic-OnLap Monitor

この時点では、Androidタブレットか何かに見えます。

GeChic-OnLap Monitor-dual monitor

このように、ノートパソコンのサブモニターとして使う場合は、こうなります。

DSC_0549

吸盤はネジになっており、吸盤を使わないときは取り外すことが可能です。
この吸盤を使ってノートパソコンの天板に付けてしまおうという寸法です。

 

DSC_0555

VGAケーブルやDVIケーブルはこのように吸盤を下にした状態で取り付けることが出来ます。
差し込み側とケーブルに同じ文字が書いてあるので、非常にわかりやすくなっているのが特徴ですね。

 

DSC_0553

そうするとこのようになります。
今回は、手持ちのLenovo ThinkPad X201sを使用してみましたが、9セルバッテリーが邪魔をして完璧にくっついていません。
今回の写真はかなり無理がありますが、こんな感じになるというのはおわかり頂けるかと思います。
また、ThinkPad X201sが12.1インチの液晶であることから天板の面積が小さく吸盤もぎりぎりNGという状況だった為、実際に付けることが出来ませんでした。

機種を選ぶ使い方となってしまうのは少々残念ですが、7インチタイプなんかが出てくれると使い勝手は良いんじゃないかなと思いました。それもスライド方式だと、ThinkPad W701dsのようになって実用性が増すのではないかとも思いました。GeChic-OnLap Monitor-vertical

このように使う事も出来るそうです。

DSC_0545

しかし、私はこのスタンドを利用してこんな使い方をしてみました。
取扱説明書に使用例として上がっていた物ですが、写真が無かったのでやってみることに。

DSC_0547

これがスタンドです。付属品なのか別売オプションなのか分かりませんが、気になる方は国内発売時にチェックしてみてください。

DSC_0548

説明書に記載のあったようにiPhoneもいけるそうです。もっと良く説明書を読むとiPad2もこのスタンドで立てられるそうです。万能スタンドと言えますね~。

 

DSC_0557

それで、この使い方です。この使い方をする場合はDVI-HDMI接続にした方が良いと思われます。
その理由として、VGAケーブルだと液晶の下からケーブルが出てしまって逃げ道がないのでケーブルに掛かる負担が大きいのではないかと思われるからです。しかし、使うにさしあたって問題はありません。

DSC_0559

ケーブルはこのようになっていて、写真右のカバーで覆って隠す構造です。
USBケーブルは最初から繋がっていますが、VGAとDVIは使う方を接続しなければいけません。
両方接続されている状態でも、画面の設定から気軽に設定変更できるようです。

 

この製品は非常にユニークで、まだ見たことのないジャンルです。
そのため、非常に微妙な点もいくつか見られましたが、これからに十分期待できると思います。
VGAを採用しているので、ドライバも不要です。そのためWindows95マシンでも使えると思います。(Windows95の場合はUSBサポートしていない物が一般的なのでUSBはどこかに接続して電源供給を得る必要があります。)

また、WindowsやMacやLinuxでもOS標準ドライバーで動作するのは何とも素晴らしい製品です。

 

詳しい情報はGeChicのホームページをご覧下さい。
http://www.gechic.com/index_jp.htm

 

追記

国内代理店のHPも出来上がったそうなのでリンクを張っておきます。
気になる方は是非こちらから。

http://www.unitycorp.co.jp/gechic/on_lap1301/

http://www.unitycorp.co.jp/company/news/2011_12_14/

 

SHARP デジタルハイビジョンテレビ LC-32E9を買いました。

DSC_0511

SHARPの液晶テレビを買いました。
新居に引っ越して液晶テレビで比較的大きめな物が欲しく以前から32インチを検討していました。
32インチの市場平均が13万円の時から検討を重ねていましたが、最近では3万円程度で買えるようになったので買ってみました。
録画機能はREGZABlu-rayレコーダーに任せるのでこのテレビには録画機能がありません。

DSC_0513

リモコンはこんな感じ。SHARPのリモコンはデザインがあまり良くありません。
しかし、手に持ったときに持ちやすさがあり、よく使う十字ボタンや番組表などのコントロールは片手で簡単に行えます。

リモコンのSHARPと記載のある部分を下にした状態で手を離すと重力により、リモコンは落下します。
それを利用して10キーの所まで滑らせて、良いところでつかむと両手を使うまでもなくほぼ全てのアクセスが簡単にできるので操作性は決して悪くありません。
でも、デザインがSONYなどと比べると。。。という気がします。まあリモコンなので別に良いですけど。。

 

DSC_0514

一緒に注文したテレビ台がまだ来ないので、とりあえず床に置いてみました。
液晶の大きさは今となっては普通のサイズです。しかし、液晶の発色も良く価格にしてはかなり良い物を買ったんじゃないかと満足しています。
やはり、SHARP製品という安心感が非常にあります。

 

SHARPのAQUOSにはファミリンクという機能があり、コレはファミリー製品(SHARP製品)をテレビとリンクさせる機能のことです。
この機能を考えて、レコーダーもシャープ製にしておけば電源の連動などがあったのですが、価格の割には微妙な製品ばかりで、今回はTOSHIBA製のレコーダーを買った次第なのであります。

 

しかし、この価格でこのレベルの製品は大満足です。
お安い製品をお探しでしたら、この機種を検討なさるのも良いかもしれません。

TOSHIBA Blu-rayレコーダー REGZA D-BZ510を買いました。

DSC_0481

Blu-rayが普及してきて市販のBlu-ray見る事も多くなり、またBD-Rの単価も安くなったのでBlu-rayレコーダーを買うことにしました。
とりあえず、安くて良い感じの物をチョイス。それがこのTOSHIBA REGZA Blu-rayレコーダーでした。

 

DSC_0482

リモコンが2つあり、一つは簡単に操作出来る感じのものです。必要最低限の物にしぼったシンプルリモコンは見やすくていいのですが2個もいらないなあ。というのが個人的な感想です。

 

ダブルチューナーで2番組同時録画やBlu-rayの再生録画機能がある本機。
本日届いた32インチの液晶テレビと共に使っていこうと思います。

Apple Apple TV MC572J/Aが届いた。

DSC_0465

AppleのAppleTVを買いました。引越を機に自室にテレビを導入しようかと考えたのですが、どのテレビを買おうか迷っている最中でしたが、先にAppleTVを買ってしまえ!ということで買いました。
とりあえず、19インチのHDMIポート搭載の液晶モニターに接続して遊んでいます。

 

DSC_0466

箱を開けるとApple TVのお目見え。Appleの製品は箱が小さいのが嬉しいですね。大きい箱の方が買った!という満足感はある物の、後に捨てることになる事が多く保存が難しいのが難点です。引越をしてあまり物が多いとどうなるか良く分かったので、Appleの最低限の箱のサイズというのはユーザーフレンドリーを感じました。

 

DSC_0468

取り出した本体の裏には注意書きが。iPadと同じような包み方ですね。

 

DSC_0470

Apple TVの内容物。本体/説明書/めがねケーブル/リモコンの4点セットとなっています。

 

DSC_0473AppleTVの裏側には、microUSBポートがありますが、なんのために使用するのか調べてみました。

 

LINK
Apple TV (2nd generation)のMicro-USBポートは、工場出荷状態に戻すために使用する – Macお宝鑑定団 Blog [羅針盤]

 

このブログを拝見させて頂くと、MicroUSBポートはAppleTVが操作出来なくなってしまったような状況にMacなどに接続してリストアするための物だそうです。PC(Windows)に関する記述はありませんでした。
第一世代のApple TVでは、サービスポートという形で使用されていたようで、Appleのリペアでしか使用できないポートだったそうな。

Dockコネクタではなく、microUSBを採用したのにはどんな理由があるのでしょうか。
個人的にはスペースの問題かな?と思いましたが、実際の所はどうなんでしょう。

実売価格8,800円(Apple Store価格)という比較的安い製品ですが、とても使い勝手の良い製品で、iPadやiPhoneをもっている方にオススメできます。
AirPlayによるiPhone/iPadのミラーリングも面白いのですが、音楽や動画の再生もiPhone/iPadで実行して大きなテレビで見るのがとても面白いと思いました。

Skype au月額利用料有料化開始。

Capture

2011年11月まで無料で使用できたSkype auですが、2011年12月利用分より「ISフラット利用者以外」かつプランSシンプル/プランS、プランSSシンプル/プランSS、プランZシンプル、シンプルプランSのプランを使用している人は、は934円の月額料金が発生すると言うことで、私のダブル定額回線にも早速加算されていました。

しかし使わなかった月は料金が発生しない仕組みだそうで、私は先日使ってしまいました。

これは痛い誤算(^^; これだったらISフラットの回線で使えば良かったと後悔してます。