SAMSUNG SMT-i9100を買いました(貰いました)

SMT-i9100

先日の記事でご紹介したHTC EVO(ISW11CA)のオマケで付いてきたSAMSUNG SMT-i9100をご紹介します。
この機種には3Gはついておらず、Wi-Fiのみです。Bluetoothも入っているようです。

 

SMT-i9100-1

液晶の視野角が狭く、正面から見ないとコントラストに変化があります。
この写真は、正面から撮影した物ではありませんので画面が暗くなっています。液晶の仕様のようです。

SMT-i9100-2SMT-i9100-3

本体は至ってシンプルなデザインです。

 

SMT-i9100-5

映り込みが激しいところですが、クレードルが付属しているのもこの端末の面白いところです。クレードルにセットすれば充電開始というのはとっても使いやすく良い仕様です。使ったらカチャッとクレードルにセットすれば充電が始まるのは非常に楽々です。

SMT-i9100-4

裏面はこのような感じでシンプル。カメラは200万画素ですが、かなり残念な画質となっています。
インカメラ・LEDなどはついておらず、背面カメラのみとなります。

 

SMT-i9100-6SMT-i9100-7

クレードルにセットしてフォトフレームにするのにも良いかもしれません。動画の鑑賞にも使えそうな印象です。
スピーカーは両側に1Wの出力のスピーカーが内蔵されていて、そこそこの音量で音楽や動画を楽しむことが出来ます。
3.5mmオーディオジャックがあるので、外部スピーカーに接続するのもいいでしょう。

 

 

SMT-i9100-8

問題なのが、このACアダプタ。SDカードと比較してみましたがこの大きさがおわかりいただけるでしょうか。
5V 2Aなのにこの大きさの充電器は非常に持ち運びに適しておらず、クレードルを用いて充電するときも、クレードルなしで充電するときもこのACアダプタが必要となります。
本体のバッテリーは、メーカー公称の連続使用時間で2時間となっているので、持ち運ぶ際にはこのACアダプタを持って行かなければなりません。
なので、あまり持ち運びには適さないというか、持ち運びを想定して作っていない事が分かります。
Home Media Frameと謳っている製品なので、悪くはありませんがせっかくならもう少し小さくして欲しかったところです。

MicroUSB端子も備えるこの端末ですが、MicroUSB端子からの充電をすることが出来ません。
自宅のリビングなどにおいて、使うときにパッと取り出して使い、使い終わったら充電しておく、自宅の電話の子機のようなスタイルで使用するのが一番よいと思います。

au ISW11HT (HTC EVO)を買ってきました。

 

au HTC EVO ISW11HT

以前、ブログでも紹介したことがあるau ISW11HTを2台購入してきました。というのも、

PCCHIBA tweets1

と、0円にも関わらず、キャッシュバックが35,000円。さらにSAMSUNG SMT-i9100というAndroid 2.2を搭載したタブレットまでついて来ちゃうとい非常にお得な情報を知り、手持ちのdocomo&SoftBank回線を一気にMNPしてきました。
これで、2,3ヶ月後に7万円の入った現金書留が自宅に届くでしょう。

 

 

au HTC EVO ISW11HT-1

HTCの端末は大好きで、NexusOneをしばらく使ってきましたがあの携帯は今見ても素晴らしい携帯だと思います。
そんなHTCが作ったEVOはHTCらしさがまたとっても良い携帯でありまして、所々にHTCのINNOVATIONを感じることが出来ます。

micro USB端子はむき出し & micro HDMI端子もむき出し という用に国内のメーカーと違い端子がそのままになっているのは少々不安ですが、キャップを外す手間が省けるという面ではGoodだと思います。

カメラは800万画素。WiMAX搭載で、スペックとしてはかなり良い感じです。

 

au HTC EVO ISW11HT-2

付属品はこんな感じです。
HTC EVOの特徴として、バッテリーが2つ付属してあります。写真では1個に見えますが、実は本体に格納したままとなっているので、お間違えの無いように。
また、MicroSDが8GB、USB ACアダプタにMicoUSBケーブルも付属します。
充電器が付属するのはauのスマートフォンでは見ることが出来ませんが、ISW11HTにはしっかり付属しています。

au HTC EVO ISW11HT-3

 

 

しかもうれしい事に、付属するのは5V 1A(1,000mAh)の高出力タイプなので、充電も500mAh(0.5A)などの充電器よりも早く充電できるのもうれしい点。
付属品が使い物にならない事ってよくありますが、このEVOの付属品は非常によいと思います。

 

 

 

 

AndroidのOSは2.2ですが、現在2.3へのアップデートが可能になっています。
アップデートには携帯事業者の回線ではなく自宅やカフェなどの無線LANで行うことが出来るのでパケット通信料をセーブすることもできて非常によいです。

 

次回のau新製品にはこの製品の新型が来るかも?(詳しくは書けませんが)なので、今から買う方はどちらにするか選べると思います。

DIS WiMAXから@nifty WiMAXに乗り換えて思った点

 

dism-nifty

先日、DIS WiMAXを解約し@nifty WiMAXに乗り換えて思ったことを列挙し、いくつか細かく記載してみたいと思います。

  1. サポートはどちらも良いが@niftyは電話にすぐつながらず10分以上待たされた。
        DIS WiMAXは電話にすぐ繋がって好印象でした。@niftyはチャットサポートが優秀。
  2. @niftyの場合、機器切替オプションが自動で接続が切替らず有効な端末は常に1個にする登録が必要。
    自動で切り替える設定も付けるように改善をお願いしました。(UQやDISと同じように)
  3. @niftyだと使用したパケット通信量はメールによる問い合わせで確認するしかない
    改善をお願いしました。
  4. WORLD WiMAXはどちらも利用出来る。
    海外渡航前にWiMAX内蔵パソコンに機器を切り替える必要あり
    同じUQ WiMAXのMVNOでも細かい部分は結構違っていたのが驚きでした。
    こんな事は契約前に確認するべき事ですが、ほとんど同じだと思っていたので良く確認しないで契約してしまいました。
    かといって、それほど困るような物もないので問題はありません。しかし、せめて2はUQやDISと同じ方式であって欲しかった。。。

シンセイコーポレーション URoad-8000 (@nifty) が届きました。

DSC_0003

シンセイコーポレーションのURoad-8000が届きました。
先日のエントリーで書いた通り、@niftyの契約と同時に購入したもので価格は1円でした。

 

DSC_0006

URoad-8000はコンパクトで軽量。しかもバッテリーが9時間持つ仕様で、URoad-7000から大きな進化を遂げているのがわかります。
URoad-7000と同じバッテリーの電圧&容量でありながら、駆動時間が延びているというのは本体の消費電力が少なくなったということでしょう。同じ電気代で長く使えるのは嬉しいですね。

 

DSC_0008

裏面はこのような感じで、@niftyのロゴがしっかり入っています。

 

DSC_0011

充電器は5V 2A(2,000mAh)のmicroUSBタイプ。 パソコンのUSBポートからも充電できると説明書に記載ありでした。ということは5V 0.5A(500mAh)でも充電できるそうです。
URoad-7000と違って汎用性の高いコネクタを採用してくれたので、購入するポイントの一つになりました。
スマートフォンの多くはmicroUSBコネクタを採用しているので、スマートフォンとURoad-8000の充電器はまとめることが出来そうですね。
荷物もかさばらなくてGoodです。

 

キャンペーンで安く買えたのはラッキーでした。
問い合わせたところ「10月も何かしらのキャンペーンはするかもしれない」という回答をいただけたのですが保証はないということなので、今のうちに契約したい方は下記からどうぞ。

@nifty WiMAXスタートキャンペーン

@nifty WiMAXの契約を申し込んでみました。

先日、DIS WiMAXを解約しましたが、早速お得なキャンペーンを見つけたので契約してみる事にしました。
参考にしたのか下記のブログの、このエントリー。

このキャンペーンは2011年9月31日まで受け付けているとのことで、初月通信費無料ということもあってどうせなら早めに契約しようとDIS WiMAXの解約後3時間程度経過してから@nifty WiMAXの契約をしてしまいました。

今回、@nifty WiMAXを契約すると以下のようなメリットがあります。

  • 初月通信料が無料
  • 登録手数料が無料(通常2,835円)
  • 端末台が値引きで、URoad-8000(@nifty専用)に至っては1円(送料800円)
  • 年間契約でも解約料金が5,250円(Include Tax)と、値上げ前の価格に出来る。
  • 6,000円の現金キャッシュバック(ただし利用登録月から9ヶ月目になる。)
    UQ WiMAXのキャンペーンで、URoad-8000が5,800円になる一見オトクなキャンペーンがあるけど、@niftyはURoad-8000が1円になる上に初月無料&登録手数料が無料とこちらの方が断然オトクであった。しかもUQ WiMAXの年間パスポート解約料は最大9,975円であるのに対し、@nifty WiMAXの年間パスポート解約料は今なら5,250円になるので契約は今しかない!という感じでした。
    Thanks shimajiroさん!

    DIS WiMAXを解約しました。

    dissolution of DIS

    ThinkPad X201sを購入してからずっと契約を続けてきたDIS WiMAXを解約しました。
    解約はWebからすぐに出来ます。解約した理由は下記の理由からです。

    • 学校で使えない (ただし、この学校は2012/03頃に卒業見込みなので、今更エリアが改善されても嬉しくない)
    • アカデミックプランの適用が今月で終わり(契約から1年のみ有効だったはず)
    • 上のアカデミックプランが終わると4,480円のプランに移動してしまう
    • 月の途中解約なら日割り計算が可能なよう(ただし機器追加オプション代金は日割りではない)

    というような要因がありました。
    URoad-8000が欲しいなーと思っているという点もあって解約する事に。
    外出先で大容量のコンテンツを扱う日はほとんど無いので解約して困ると言うことはあまりありません。
    それと、DIS WiMAXのサポートは丁寧でしっかりしている印象でした。
    何度かサポートセンターにお世話になりましたが、凄く好感が持てる会社でした。

    WiMAXの解約によりWORLD WiMAXが使えなくなってしまうのは困るので速いところ契約したいと思ってます。
    インターネットで色々探して、今月中に新しい契約をしようかと思っていたりします。