au G’zOne IS11CA by CASIO レビュー

IS11CA

先ほどの記事でも書きましたが、auのスマートフォン IS11CAを購入しました。個人的に大好きなCASIOの携帯ですが購入するのは久しぶりです。ちなみにIS11CAと取り替える前はW53CAを使用していました。

スマートフォンの弱点として、防水でない機種が多いこと ましてや耐衝撃・防水・防塵機種の機種は日本国内にありませんでした。やっぱり、雨が降っても気にせずに使いたいし、海や川などで落としたくらいで動揺しないような携帯電話の登場を昔から待ち望んでいました。

ここで、G’zOneの歴史を振り返ってみたいと思います。
G’zOne シリーズは、2000年に登場しました。 記念すべき初代G’zOneはC303CA。ストレートタイプのCシリーズ携帯電話でした。画面は白黒でカラーバックライト搭載の機種で、虫眼鏡のようなデザインはかっこ悪いと思ったのを覚えています。発売当時、私は7歳位でしたが、白ロムを譲り受けおもちゃとして使ってた記憶があります。

それからC311CA、C409CA、C452CAと来て、ようやくカメラ搭載のAシリーズのG’zOne TYPE-Rが発売されました。ATOKも搭載されてかなり良い感じでした。デザインはもう一歩かなという印象でした。

G’zOne初となるWINモデル、G’zOne W42CAではmicroSDカードに対応し、BUSINESS用のモデルにE03CAが発売されました。私はE03CAが欲しくて仕方なかったのですが、結局買いませんでした。法人モデルですが、親が法人として契約できるので、それで買ってもらおうかと思ってましたが結果としてやめました。

G’zOne W62CAは結構さっぱりとした、今までのG’zOneの中ではスマートな機種でした。電子ペーパーをサブディスプレイに採用されていました。欲しくてauショップに行きましたが人気で売り切れだったので買うのを止めました。

その後G’zOne CA002,G’zOne TYPE-Xと発売されてきました。G’zOne TYPE-Xは10周年記念端末でした。
そして、今回購入した私の初G’z Oneはシリーズ11作目(E03CA含む)となる機種で初Android搭載スマートフォンタイプです。勿論ATOK for Android内蔵です!
連続通話時間ではシリーズ最高の450分で待ち受け時間とカメラの画素数は従来機種のTYPE-Xに劣っています。

アメリカのVerizon Wireless向けに供給されている、G’zOne最新機種はCOMMANDOという物でIS11CAの兄になります。この機種はAndroid 2.2搭載のスマートフォンでIS11CAとは若干デザインなどが異なったという特徴があります。

前置きが長くなりましたが、レビュー行きます。

1.外観

IS11CAIS11CA-BACK-REP

今回購入した色はREDです。個人的には一番かっこいいと思っている色で気に入っています。
光沢感があふれていますが、指紋は目立たない印象を受けます。ただし、液晶部分は指紋が目立ちます。

裏はバッテリーのふたがラバーになっていてグリップ機能があります。

2.オーディオジャックなどへのアクセス

IS11CA-AUDIO JACK

こんな感じでパッキンになっている防水機種では当たり前の構造ですね。
開け閉めを繰り返すことで、パッキンが劣化し防水・防塵機能に変化が起こりうるのであまり無駄に開閉することは避けたいですね。

3.サイドボタン

IS11CA-SIDE

電源をいれたり、スリープ復帰をするのに使うPOWERボタンは本体正面からみて左側にあります。
iPhoneをお使いの方は上にあったPOWERボタンが左に行ってしまい戸惑うかもしれません。
IS03などをお使いの方は右にあった物が左にあって戸惑うかもしれません。しかし数時間使っていれば慣れます。(私は慣れました。)

4.裏面の様子

IS11CA-BACK-OPEN-WithoutBATIS11CA-BACK-OPEN

microSDスロットはバッテリーを外さないとアクセスできなくなっています。
バッテリーのふたもパッキンがついており、2重構造の防水ではありませんでした。これで大丈夫なのか少し心配ですが、長年培ってきたG’zOneの開発者のことですから安心しても大丈夫かなと思います。

5.充電に必要な電気出力と確認済み充電器・ポータブルバッテリー

どうやらPC接続の場合は500mAhでも充電出来る物の、ACアダプター等であれば1,000mAh以上ないし2,000mAh以下の範囲の物でないと充電出来ないようです。
500mAh/700mAh/1,000mAh/2,000mAh/2,100mAhの出力の物で確認しましたが、1,000mAhと2,000mAhの物しか充電することが出来ませんでした。

・AIR’s AC Charger AKJ-60 1,000mAh microUSB充電器 → 充電可能

・Air’s  AC Charger AKJ-P 700mAh microUSB充電器 → 充電不可
D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・ThinkPad X201s 500mAh → USB接続の設定を接続の都度変更で充電可能
(High-speed USB mode から UBS PC LinkやMSC modeに変更する)

・SAMSUNG GALAXY Tab専用充電器 (2,000mAh) → 充電可能

・HTC Google NexusOne 付属専用充電器 (1,000mAh) → 充電可能

・au by KDDI 共通アダプタ03 0301PQA(1,000mAh) → 充電可能
契約時に充電器のおまけを希望したらくれた物。一応au充電の充電器。

・Apple iPad専用充電器(2,100mAh,iPad2付属品) → 充電不可
D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・DIATEC FILCO → 充電不可
D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・SANYO eneloop mobile booster KBC-L2(500mAh) → 充電不可
D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・SANYO eneloop mobile booster KBC-L3A(500mAh) → 充電不可
  D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・SANYO eneloop mobile booster KBC-L2BS(1ポートだけなら1,000mAh出力) → 充電不可
  D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。

・Simplism TR-DUCC2A-WT(1ポートだけなら2,000mAh出力) → 充電不可
  D+/D-をショートをさせたアダプタもしくはケーブルを使用することで充電可能。


※上機器に記載のある充電器で充電可能という項目であってもArakawa’s Blogと荒川は保証しません。その逆も同じです。
※アダプタ利用で使用できる物に関しては、充電不可能という表記をしない方が良いのではという指摘を受けましたが、単体では充電出来ないことには代わりがないので現在の基準で書き込まさせて頂きます。 

 

2011/08/01 20:01  追記・修正しました。

という感じで500mAhのmobile boosterで充電が出来なかったのは残念です。
1,000mAh出力対応のmobile boosterで充電が出来るか疑問だったのとバッテリーに困るといやなので、早速注文してみました。到着次第、動作確認を公開します。

一番新しいSANYO eneloop mobile booster KBC-L2BSなら充電出来ました!

いずれにせよ、充電部分に関しては、難ありという感じでしょうか。
ちょっと残念です。。D+/D-をショートしたケーブルやアダプターを使わないと充電出来ない場合が多いようです。

どのケーブルでも充電できるアダプタがある一方、D+/D-をショートさせていないと充電出来ないアダプタがあるのも不思議なところです。(同じ 入力100-240V / 出力 5V 1,000mAh(1A)でも出来るUSB ACアダプターとそうでない物がある)

SANYO

いろんな機器で充電出来るようになるSANYO特製のアダプターは単品購入できるようです。
こちらからどうぞ。http://products.jp.sanyo.com/support/repair_tel.html

6.バッテリー

バッテリーは3.7V 1,460mAh 5.5Whのバッテリーで他の機種より大きめのバッテリーです。
バッテリーに関してよく持つか、そうで無いかは実証できていませんが案外普通に使える印象です。

私の使い方だと1日なら持ちます。朝7時ころに充電をやめると、午後10時頃には10%程度にまで落ち込みますがここまで持ってくれれば十分合格点だと思います。

7.シャワーテスト

水の中に沈めずに、シャワーを浴びせながらカメラ・LED・スピーカー・マイク のテストをしてみました。
結果として壊れませんでしたが、シャワー後、十分に吹いた後にバッテリーふたを開けると 浸水が確認できました。
これは問題のない範囲だと思われます。イヤフォン・USBなどのキャップの中にも水が入っていまして大丈夫なのか少し心配になりました。
水に濡れたら丁寧に拭いた方が良いかもしれません。

8.総合的に

INFOBAR A01と最後まで迷いましたがこの機種にしてよかったかもしれません。
手になじむフォルムは安定していて安心しますし、防水で防塵、耐衝撃となれば全天候で安心です。
間違えて落としても大丈夫ですし、GORILLA-GLASSの強化ガラスを液晶部分に採用しているのでキズにも強く頼もしいです。このガラスはGALAXY TabやThinkPad X1でも採用されている物です。

個人的にはかなり良いんじゃないかなと思っています。
もし、この機種が気になる方が居ましたらauショップやau取扱店でホットモックを触ってみることをおすすめします。

買ってよかったと思える携帯で、大満足しています。

au IS11CAを買いました。

DSC04083

au回線で使っている、事実上のメイン電話はW53CAだったのですがそろそろ機種変更したいなと思ってました。
そこでG’z One IS11CAに機種変更することに。
特典がなかったので、せめて充電器でもつけてよと交渉したところOKだったので購入することにしました。
軽くレビューしてみます。

 

1.充電はeneloop LBC-L2では充電出来ず。

購入してeneloopのモバイルブースターの旧型で充電を試みてみましたが、充電は出来ませんでした。
充電出来るようにする何かがあるのかもしれませんが、とりあえず充電は出来ませんでした。

 

2.PC接続で充電する場合はUSB ConnectionモードをUSB PC Linkにする

パソコンでも充電出来なかったのですが、USB接続モードの選択が出来たので、High-speed USB modeからUSB PC Linkに変更します。
ここで注意なのがパソコンと接続するのでモデムになってしまう可能性があるところ。よく設定を確認しましょう。

 

3.タッチパネルやレスポンスは概ね良好

普通にOKです。特に心配はいらないのかも。
画面のサイズも良い感じなので、気になる点はない感じです。

 

 

というのが最初の印象でした。
詳しいレビューは後でするかもしれません。こうご期待(?)

ついに日本国内のSMSが相互開通に。 試してみました。

SMS

左から、SoftBank回線でNexusOne au回線でW53CA docomo回線でiPhone4 です。
本日(2011/07/13)より始まったSMSの事業者間の相互送信が可能になりました。
auをお使いの方はCメールがdocomoやSoftBankの人にも送信出来るようになったと言えばわかりやすいでしょう。

手持ちのdocomo&au&SoftBankの携帯電話から、それぞれSMSを送信してみました。
絵文字も使えるようですが私の環境だと、ちょっと特殊で確認できませんでした。(au→docomo iPhoneには=ゲタ文字になってしまう)

私が試した環境では、docomoの定額データプランでもau&SoftBank当てに送信できました。

海外では当たり前だったこのSMSもようやく日本で使えるようになりました。
出来ることが増えたのは嬉しいことですね。パケット定額に加入していてもパケット通信ではなく電話代として加算されるのでパケット定額 or メール定額だからと言ってたくさん送ると高額な請求が届きますので要注意。

 

各社の料金はこちらから。

 

「DO. WITH LENOVO あなたのレノボ、見つけよう!」に参加してきました。

DSC_2746

今年(2011)は、「DO WITH LENOVO」をテーマにLenovoのイベントが秋葉原で開催されました。去年(2010)はUDXで開催されましたが、今年は住友不動産秋葉原ビルで開催されました。

私は最終日となる本日(2011/07/10)に行ってきました。

DSC_2748

エントリーシートにクイズの内容を書くと、抽選でノートパソコンや旅行券10万円、サーキュレーターにUSBメモリ、オリジナルステッカーが当たるキャンペーンが行われていました。外れは無しで、必ず何かが当たります。

Lenovo Sticker

私はオリジナルステッカーが当たりました(^^;)このステッカーは、この間の大和魂ミーティングで配布された物と同じなので、出来れば別の物が欲しかったなあと思ったり。

 

DSC_2802

LenovoEE 2.0のRapidBootテクノロジーは高速起動がウリで、会場でのデモンストレーションでも他機種との起動時間の差を見せつけていました。
それも10年前の機種ではなく、同じくLenovoEE2.0搭載の最新機種と、LenovoEE2.0&RapidBoot搭載のIdeapadでの起動時間の差があってコレには驚くばかり。本当に速いです。

 

DSC_2834

その後の紹介では、省電力マネージャーの紹介や一体型のパソコンの紹介などもありました。
Lenovoとしては、一体型はかなり押していきたいようで、メンテナンス性の高さや省電力の高さなどをアピールしていました。
一体型というと私はあまり良いイメージを持っていませんが、メンテナンスが容易であることなどを考慮すると、これからの時代は十分アリな選択なんじゃないかなと思いました。

私は現在、ThinkPad X201sをウルトラベースに乗せてVGA出力でLenovo ThinkVision L2250p Wideを接続して、さらにLenovo ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(55Y9003)を接続して使用しています。電源はLenovo純正90W ACアダプタを接続しています。
持ち運ぶときは、ドックレバーを手前に引いてThinkPadが浮き上がったら持ち上げてバッグに入れるだけ。
電源が必要とされる長時間の使用予定があれば、65Wの電源を持ち歩くようにしています。

様々なアクセサリを接続しているので、通常であれば出かける都度、キーボードや外付け液晶、電源などを外し、帰宅したら接続していきます。
しかし、ThinkPadならウルトラベースがあるので、周辺機器は綺麗さっぱり切り離して行くことが瞬時に出来るのです。
これが使ってみると分かりますが、かなり便利なのでThinkPadをご購入の際は是非お買い求めいただきたいと思っています。凄くおすすめです。

 

DSC_2757

さて、ThinkPad X121eを発見しましたので紹介します。
この機種はThinkPadでありながら、ネットブックぽい感じがします。msiのU100あたりにちょっと似てるような気がしました。気のせいかもしれませんが。(^^;)

 

DSC_2759

ThinkPad X121eを閉じようとした様子。写真ちょっとブレちゃっていますが、X100eを思わせるさわり心地でした。
ThinkPad X200シリーズとは大きく異なる材質はちょっと安っぽさを感じざるを得えませんでした。
しかし、この点に関しては妥協しなければいけない点なのかもしれません。

小さな個体にもしっかりThinkPadのギミックが凝縮されていたので、このX121eはちょっと欲しくなっちゃいました。
ThinkPad X1もちょっと欲しいんですが、いずれ買おうかなと少し興味を持ちました。

 

DSC_2778

ThinkPad X1はすでに発表から少し経過しているので、すでに見た方も多いかもしれませんが薄くてデザイン性の高いX1の評判は結構良いようです。(ThinkPadファンの方々から見るとその評価はイマイチですが…)

DSC_2948DSC_2949

「FOR HOME IDEA SERIES」 「FOR BUSINESS THINK SERIES」と大きく書かれた看板がありました。
私はHomeでもSchoolでもThinkPadを愛用していますが、コンシューマー製品のIdeapadもいずれ買おうかと検討しています。そんなに何台も必要ないので、今すぐには買う予定はありませんが、パソコンを購入したいという友達などが居ればおすすめしていきたいと思います。

 

 

DSC_2936

次回はまた来年の夏あたりに類似イベントを開催するのではないかと予想されますので、2011年の夏に参加出来なかった方は是非来年あたり開催されれば参加してみるとよいのではないでしょうか。
Lenovoのパソコンの良さは、実機を展示しているお店が少ないこともあってなかなか一般の方には理解されがたいのが現状です。
Lenovohはこうした機会を秋葉原などで開くことにより、自社製品の良さを大きくアピールするのが狙いだと思います。
実機展示が少ないだけにこういう機会を持ってくれるLenovoはすばらしいと思います。

 

また来年も参加出来れば参加したいと思いました。

成田国際空港のインターネット事情 ~FreeWi-Fiはどう接続するのか~

 

Free Wi-Fi Available

海外旅行などに行く際によく利用するのが、千葉県成田市にある成田国際空港ですが、つい最近無料の無線LANが開放されました。多分4月あたりのことです。
それまではBBモバイルポイント契約者であれば契約の範囲で利用可能 もしくは、24時間500円で利用することが出来ました。かなり遅れていたんですね。世界中の空港は無料の無線LANが使えるところはたくさんあります。
しかし、空港内でも利用できるところと出来ないところが大雑把な感じでした。
それが今では無料になったので、無料のWi-FiとUQ WiMAXとの速度の違いとエリアをちょっと検証してみます。

 

1.使い方

いきなり接続は出来ません。メールアドレスの登録が必須になります。
お手持ちのPCやスマートフォンなどからWi-Fiの検索をします。

narita-airpotrt-free-wifi

narita-airport-free-wifi」に接続します。

 

Additional log on information may be requred

このようにログイン情報の要求をされます。クリックしてあげましょう。(OSによって異なります。接続後、ブラウザ起動でもOKです。)

Portal1

この後はメールアドレスとを登録すればOKです。
同じ機器から接続する場合は何度も登録する必要は無いそうです。

 

2.通信速度

それぞれの場所と通信エリアをUQ WiMAXと比較してみます。

回数

通信方法

場所

下り速度

上り速度

#1 UQ WiMAX 第1ターミナル フードコード 7.8Mbps 1.3Mbps
#2 UQ WiMAX 同上 10.2Mbps 1.1Mbps
#3 UQ WiMAX 第1ターミナル 南ウィング 6.8Mbps 1.0Mbps
#4 UQ WiMAX 同上 6.1Mbps 1.1Mbps
#1 空港Wi-Fi 第1ターミナル 南ウィング 2.3Mbps 0.4Mbps
#2 空港Wi-Fi 同上 1.97Mbps 2.56Mbps
#3 空港Wi-Fi 同上 2.1Mbps 1.6Mbps
空港のWi-Fiは決して高速とは言えませんでした。
成田空港をご利用の際は、WiMAXをご利用されることをおすすめします。
しかし、Twitterやメール程度なら十分の速度と言えそうです。
Skypeをしている外国の方もいらっしゃいましたが普通に使えているようです。