Apple iPhone 4 32GB ホワイトを購入しました

Apple iPhone4

本日、テルルでiPhone4 32GB ホワイトを購入してきました。
驚くほど高解像度な液晶に目を驚かせたり、AppStoreのなかにあるもの凄い数のアプリを楽しむためではなく回線を購入するついでに買ったものです。
(意外にただとも多くて)

 

Apple iPhone4-2

iPhoneなんてどこにでもあるので詳しく書くまでもありません。
私の購入したのは32GBのホワイトなのですが、32GBをなにで埋めようか悩んでいます。

ThinkPad X201sのWiMAX/Wi-FiソフトウェアをIntelのものに変えましょう -Intel® PROSet/Wireless WiMAX Connection Utility-をインストールする

変えましょう というタイトルですが変えるも変えないも自由です。もちろんですが。

画像はWORLD WiMAXを体験してみました。/Arakawa’s Blog (2010/11/04)より

ThinkPadシリーズにはThinkVantage Access Connectionというネットワーク接続アプリケーションがプリインストールされています(一部のモデルが除かれているかもしれません)
このAccessConnectionはWindows7だと快適に動かないことが多くあります。この問題は多くのWindows7 ThinkPadユーザーが気にしている部分かもしれません。

特に、WiMAXの接続はエラーの連続&接続までに時間がかかる&圏外になったあとの自動再接続が遅いなどWiMAXを使う上でこの上なく不便でした。

そこで、Intelの純正ソフトウェアをインストールすることにしました。

http://downloadcenter.intel.comよりお使いのThinkPadに搭載されているWiMAXモジュールのソフトウェアをダウンロードします。
ダウンロードしましたら、ThinkPadにプリンストールされていたAccessConnectionはアンインストールしてください。
アンインストール後にIntel® PROSet/Wireless WiMAX Connection Utilityをインストールしてください。

私のThinkPad X201sの場合、Intel Centrino Advanced N + WiMAX 6250というものが入っているモデルなので、6250のドライバソフトウェアを探します。

先ほどのhttp://downloadcenter.intel.comからお使いの製品を探してください。
ここで入力するのはThinkPadの型番ではなくIntel製通信モジュールの製品名です。
キーワードを入れると候補が出てくるのでそれで選んでもOKです。

Capture2

Intel® PROSet/Wireless WiMAX Connection Utilityが欲しいのでお使いのOSや製品にあったものをダウンロードしてください。

 

これをインストールすると使用できるようになります。(なるはずです)

WiMAX Ut

接続先は設定から変更できます。
ThinkPadにプリインストールされているものと違って基地局のアイコンで事業者を選べませんが日本の大手はUQ WiMAXしかないので、問題ないでしょう。
海外に行って使用する場合は自分で設定する必要がアリです。

 

Apple iPad2が変形しました → Appleの神対応で新品交換へ?

iPad2
2011/03/31に米国/ハワイ州にてApple iPad 64GB Whiteを購入しました。(この記事を参照)
一緒に購入したApple純正のSmartCoverを装着して使用していましたが、先日本体を見ると変形しているのが分かりました。

iPad
変形したiPad2は上記の写真の通りです。ぱっと見分かりませんが拡大してみると。。。

iPadmetamorphosis

このように変形してしまっています。写真で見るとわずかな物に見えますが使用していると結構気になります。
また、見る角度によっても変わってきます。

iPadはよく見ると下記のような構造であることが分かります。_DSC0001

iPad2は下から「アルミボディー」「パッキン?」「デジタイザー(&液晶)」の3層構造です。

というのは素人が外観だけで判断したものですが、だいたいこんな感じであることは間違い無いと思います。

今回の問題点はアルミボディーの変形に伴うパッキンの歪み。
さらにそれに伴い表面のデジタイザの微動が確認できる状況になってしまいました。

なぜ変形したのか が問題点です。

iPad2は購入以来、丁寧に扱ってきました。ThinkPadと違ってラフに扱うと直ぐに壊れそうな気がしていましたので、基本的に家の中での使用が大半でした。飛行機や旅行先では持ち歩きながらレストランやFree Spot等でのインターネットによるメールや情報確認等に使用していました。

変形 = 落とした という説が最有力ですが、私の記憶では 落としたことはありません。
もちろん、私が就寝中に家族 または侵入者が落下させたということも絶対にあり得ないという訳ではありませんが、そのようなコトも無いと思うのです。
iPad2は自室に置いてあります。また、本棚に収納しているのでぱっと見分かりません。充電も週に2回ほどです。
かなり使用頻度は低いのです。

このような状況で変形してしまうことは到底考えにくく、構造上の欠陥があったのではないかと不審に思うばかりです。
私の不注意で落下させて変形した というのであれば一言で話は終わりになりますが、そんなはずはないのです。

そこで、私はAppleのサポートに電話をしてみました。
今回の症状が出たことと、決して落下させたことはない ということを説明すると上の者に変わると言い、別の担当者が電話に応答してきました。

「ご不便おかけして申し訳御座いません。変形しているということなので、通常に修理に出すと返送される恐れがあるため##(担当者の名前)が責任を持って 強制本体交換 と致しますのでご安心ください。当件に伴う部品代・修理代・そのほか技術料等は一切発生致しません」

SoftBankでiPhone3Gを使っていた頃から持っていたAppleに対するサポートの悪い印象が吹き飛びました。
私はこのようなサポートを望んでいたのです。

というわけで、数日中にもクロネコヤマトの集荷担当が箱を持って自宅に来るそうで、そのときにiPad2の本体だけを渡せばOKということでした。
この集荷システムはThinkPadのスマートセンターと同じで事前に梱包したりする必要がないのはとっても便利です。

Apple Care

担当者との42分間に及ぶ電話の後、サポートに伝えておいたメールアドレスを承ったという形式上のメールが届きました。

ご申告いただきました故障内容の初期診断の結果、製品保証、AppleCare Protection Plan、またはその他の修理保証の対象範囲と考えられるため、修理保証による修理を予定しております。万一、今後の検証で修理保証の対象外になった場合は、有償修理によるお取り扱いまたは修理をお受けできないこともありますので、予めご了承ください。修理保証に関して確認が必要な場合には、ご連絡させていただきます。

と表記があるのが見受けられます。
私の申請に虚偽があった場合などは有償での対応となるということだと思います。

サポートの方が無償で修理できると仰ったので、それを信じてみたいと思います。

iPad2の修理に関してまた進展がありましたら追って更新します。

■追記■
2011/05/26 20:00頃 クロネコヤマトの集荷にiPad2を本体だけ渡しました。
これから「アップルiPodリペアセンター」と書かれた場所に向かうようです。

第二回ThinkPad大和魂ミーティングに参加しました。

_DSC0006

Lenovo主催の第二回ThinkPad大和魂ミーティングに参加しました。
当日の午後にThinkPad X1の詳細の発表やX1の実機展示もありました。

今回のお目当てはなんと言ってもThinkPad X1。
ThinkPad史上もっとも薄いThinkPadということで私の期待はかなり高くなりました。

 

Lenovo ThinkPad X1 

ThinkPad史上もっとも薄いとされるThinkPad X1です。
と言っても劇的な薄さではないのですが、これなら狭いバッグに入れるのも楽かなって気がします。
しかしながら13インチなので、持ち運ぶ際にはX201s以上に面積の大きいバッグが必要になります。

 

Give to damage ThinkPad X1 but noproblem

ThinkPad X1はゴリラガラスを液晶面に採用しています。
ちなみに、SAMSUNG GALAXY Tabも同じガラスを採用しています。
このゴリラガラスは衝撃に強く、傷が付きにくい上に強度も普通のガラスの比ではないそうで、このようにドライバーでこすっても突き刺すように強く叩いても何の問題もありませんでした。
この光景は見かけることがないと思いますが、Lenovoの方々が自信満々に叩いていらっしゃいました、
これだけの強度を見せつけられるとノートパソコンの弱みである液晶の物理的破損も少なくなりそうで、凄く良さそうでした。

 

X1 Parts

ThinPad X1はキーボード・メモリ・HDDのみユーザー交換が可能です。
この点はどこぞのAirと圧倒的な差別化が出来ている気がします。キーボードなんて消耗品ですからね。
交換できないノートパソコンなんて、ノートパソコンそのものが使い捨てみたいなものかと思います。
やはり、永く大切に使うことで環境にも配慮できますし、ものに対して愛着を持って接したいと思っている私はキーボードの交換が出来ないパソコンは致命的だと思っています。

 

_DSC0084 
バッテリーやドッキングステーション(ウルトラベース)を今後共通化していく方針だというレノボ。
この共通化はとても良いと思いますが、今度はそれにあわせた設計が必要になるので設計者泣かせなのかなとは思いました。
とはいえ、ユーザーとしてみればうれしいですよね。バッテリーは劣化するから時期機種で使えるかどうかの問題がありますが、ウルトラベースは消耗品ではないので末永く使えるととっても良いと思います。

 

 

Back X1

ThinkPad X1の裏面ポートはこのような感じ。
モデルや構成によって異なる可能性があるそうです。電源はThinkPad X60やX200などと共通のもの。

 

 _DSC0107 
こちらはThinkPad X220
センサーが付いており、本体の向きに合わせて画面の中身も回転します。
土居さんは、「縦の解像度に不満がある方もこれで解決」というようなことをおっしゃっていましたが、それは無理がありますね(笑)
とはいえ、このような仕組みはおもしろいのでどんどんやっていただきたい。
方向キーは液晶の向きと同じになるそうなので、考えて押さなくても良いように出来ているそうです。

クラッチレスになってしまったX220ですが、触った感じそれほど悪いという印象は受けませんでした。
むしろ良い感じです。というのも液晶の開閉時の感覚が心地よく思えるほどでした。
すこし、安定感は無い気がしますが、これはこれでアリなのかなと思いました。
それでもラッチは出来れば欲しいです。

 

_DSC0119 
今回、私の目を引いたのはコンシューマー製品。
もちろんThinkPadではないのですが、自宅のリビングで使用するのにぴったりなのを見つけました。
といっても、デザインに惹かれただけで実際のスペックはあまり確認していないのですが、VAIOらしさが少し感じられました。
Blu-rayドライブ搭載だから結構なお値段がするんでしょうけど、このくらいのクラスで5万円台になれば直ぐに欲しい気もします。
打鍵感はThinkPadに劣るものの、普通に使うのにさほど問題はない感じでした。


_DSC0121
 
Blu-rayドライブを搭載しているので、ドライブのピックアップレンズを見てみたらやはりレンズは2つありました。
Blu-rayのドライブはピックアップレンズが2つあると聞きましたが実物を見たのはこれが初めてです。

 

この後、スタッフの方々等からいろいろお聞きしたり説明してもらったりした後に、最後集合写真を撮り解散となりました。
皆様お疲れ様です。そしてありがとう、Lenovo。 またイベントがあるときは是非参加したいと思っているので是非是非よろしくお願いします。

Kindle 3G, Free 3G + Wi-Fi(3rd Generation) を購入しました

DSC_2544

Amazon.comで注文していたKindleが届きました。
今回購入したのは、2011/05/14の時点で最新版のものでWi-FiとFree 3Gに対応しているものです。

DSC_2525 DSC_2526

届いたのはこの小さな箱。AmazonのFFPを採用しているので、製品の箱を入れる箱がありません。
製品の箱にラベルが貼られ運送されるので無駄な段ボールが発生しないので環境にも優しいのと、消費者は無駄な箱を処分することもありません。非常に合理的な梱包システムなのです。日本のAmazonでもFFPはAmazonシリーズのUSBケーブルやHDMIケーブル、デジカメケースなどにも採用され始めており、さらなる普及が期待されています。

DSC_2530 DSC_2534

箱を開けるとKindle本体が姿を現します。画面には最初にすべきことが表示されています。電子ペーパーならではですね。
付属品は本体・micro USBケーブル・説明書のみです。ここでシンプルで良い印象を受けます。

DSC_2535

Kindleの下部には左から、音量(- +)・3.5mmオーディオジャック・マイク,microUSBポート・電源スライダーとなっております。
音楽生成機能も備えるのですが文章の読み上げも可能なので(たぶん英語のみ)オーディオジャックを備えています。
スピーカーもあり、結構な大音量で音楽などを聴くことができます。

DSC_2537裏面にはちゃんと技術適合のマークがあるので、日本で使用するのも問題なしです。
この製品は、100カ国以上の国で無料の3Gインターネットに接続できます。通信速度も遅いのですが、調べ物をするのにはうってつけです。無料と言うのが最高ですね。
サービスエリアはこちらを参照してください。Amazonと提携している通信事業者のネットワークを使用します。日本ではNTT docomo/SoftBankMobileの電波が利用できるそうですが接続している事業者の名前は出てきません。

米国のユーザーが国際ローミングで利用するとアイテムごとに$1.99の課金があるそうです。
購入時にSelect Your Primary Country of Useという項目から国を選ぶのはこのような理由があったのですね。
米国のユーザーがJapanなどの国を選んで購入することはできないようです。

スクリーンショットは、Alt + Shift(↑) + G で撮影できるようです。参考リンク

PDFなどのリーダーとして利用することもできますし、英語の勉強にも良いと思います。
薄くて便利なKindleこそ電子書籍を利用したいと思わせる一台ですね。
iPadで読む本はどうも苦手です。重いですし、転送が面倒ですからね。
ただiPadはバックライトがありますし、ゲームや音楽制作だってできちゃいますが本を読むのに集中できないのも事実でしょう。
その点、Kindleはインターネットブラウザこそあるものの調べ物やNEWSの購読などができるので便利ですし、本を読む邪魔が少ないので大きく評価できると思います。

Kindleいいですね。
とっても気に入りました。

沖縄でもWiMAXが快適に使えるようです

 okinawa wimax現在、沖縄のとあるホテルに宿泊しています。

このホテルには有線LANサービスがあり、無料でインターネットを利用できますがあまり高速ではなくセキュリティーの面でも心配なのが現実です。
WiMAXがつかえるか試したところ利用可能であり、速度も十分でることが判明したため現在はWiMAXに接続しつづけています。

 

image

写真のアップロードや動画のアップロードも行ったためSentの値が大きくなっているのがわかります。
それ比べてダウンロードが桁違いで少ないのです。ダウンロードよりもアップロードに集中していたためです。
それでも快適に通信できたので、結構満足しています。

今回の修学旅行では毎日ホテルが変わるので、それぞれのホテルでWiMAXが使えれば良いのですが、3日目はエリア外のようなので使えそうもありません。。2日目のホテルは急遽決まったので名前すら知らない状況なので知るよしもありませんでした。

GUAM Wi-Fiについて

GuamにはWi-Fiスポットが多くあります。中でも一番大きいGUAM Wi-FIを紹介します。
最初に言っておきますが、渡航の際に使うのであれば最初から7日プランなどを購入することをお勧めします。

GUAM WI-FI

料金は下記の通りです。

$5 4時間
$10 24時間
$20 72時間
$30 7日間
$40 30日間

旅行だと$30で7日間がベストでしょうか。
8日以上の滞在予定がある場合は最初から$40で30日間を買った方が良いでしょう。
ちなみに空港では使えません。

利用できるのは、下記の通り。

タモンホテルロード全域(WestinからHiltonまで)&ホテルの中は含まない
マイクロネシアモール
グアム プレミア アウトレット
アガナショッピングセンター

です。

注意すべきなのは、最初に契約したデバイス以外は使えません。
なので、iPadでもスマートフォンでもPCでも使いたい!という人には向きません。
持ち歩きに適したデバイスで契約すると良いかもしれませんが、よく考えた方が良いですね。

docomo SC-01C GALAXY Tabのアップデートをしてみました。

UPDATE

GALAXY Tabのアップデートを当ててみました。
テザリングの穴などが塞がれてしまったようですが、HW-01Cの購入によりテザリングは全く使わなくなったのでアップデートをすることに。

アップデート後はフォントが変わったりしたくらいで、大きく変わったことはありません。
rootをとる方法もあるようですが、rootを取ったりして遊んでいる人はアップデートしなくても良さそうです。
私は普通に使ってるのでアップデートしてみましたが、あんまり変わってないのでおもしろみがありませんでした。

crucial RealSSD C300 と ThinkPad X201sは相性が悪い?

X201s and C300

先月、修理から帰ってきたcrucialのSSDのC300ですが、結果として新品交換となりました。ですが、以前からThinkPad X201sで使うと起動時にエラーが出てしまう問題は依然としてそのままでした。

DSC_0474

これが起動時に出るエラー。このエラーは、Windowsを読み込む前に起こる問題です。
この、ERROR 2100を調べるとLenovoのエラーコード一覧表に当たりました。

Link:エラーコード一覧表 – ThinkPad全般/Lenovo

このサイトによると、2100エラーは

2100

Initialization error on HDD0 (Main hard disk drive)( HDD0 – メイン・ハードディスク・ドライブの初期化エラー )
  1. ハードディスク・ドライブを再装着します。
  2. メイン・ハードディスク・ドライブ
  3. システム・ボード

ということのようです。
他の人はどうなのか調べると

Link:x201sとRealSSD C300の相性 | ゆーすけぶろぐ
Link:KIZASHI : ThinkPad X201sにRealSSD C300を搭載してはいけない?

似たような人がやはり居たようで、BIOSアップデートとC300のアップデートを試みたりしているようです。
私のThinkPad X201sはつい先月の修理から帰ってきたばかりでBIOSは最新にされていました。確認のためアップデートを実行するも、最新ですとダイアログにより通知されました。
ではSSDのアップデートをすることに。

Link:crucial Firmware Updates

SSDのほうも、つい先日の修理から帰ってきたばかりなので最新と思いきやこの記事を書いている時点で最新のバージョン0007の適用はされて居なかったようでアップデータを適用することができました。アップデートはダウンロードしたイメージデータをCDやDVDに焼いてからCD Bootして使用します。

アップデート後の電源投入で早速2100エラー。Ctrl+Alt+Deleteでシステムをリブートさせて2100突破してWindows7を起動。
すると「システムに重大な変更が加えられたため再起動を・・・・」というような警告が出たため再起動。
そうすると、2100エラーは出なくなりました。

まだ数回しか再起動を繰り返していませんが、これで完璧に改善されれば本当に良いのですがどうなんでしょう。

■追伸 2011/05/09 11:44
また同じエラーが出ました。ということは改善されていないのでしょうか。
ThinkPadのシステムボードが問題なのか、SSDの問題なのか。
どちらとも断言はできないので、困りますね。。

グアムで使用した国際ローミング通信料 / 今回の旅で発生した通信料

今回のグアム旅行で、NTT docomoの回線は使用できないと思ってました。
というのも接続先限定をしているので、普段使っているL-05A用の定額データプラン回線は使えません。
それは前回のハワイで実証していますが、SPモード回線は試していませんでした。
GALAXY Tabの電源を入れると通信できちゃったので、少しだけ使ってみました。
といってもドコモポータルを表示させただけなんですが、結構通信料が掛かっています。

docomo

321円と513円の通信料金が掛かっています。

321円は、海外パケホ非対象なので、GTA Teleguamに接続した時の物。
513円は、海外パケホ対象なので、docomo pacificに接続した時の物だと思われます。

パケット通信量が20万パケットまでの場合は、上限額:1日あたり最大1,980円、上限額までのパケット通信料iモード※1:50パケットまで50円 50パケットを超える部分 1パケットあたり0.2円、上限額までのパケット通信料スマートフォン・データ通信(PC接続等):1パケットあたり0.2円 パケット通信量が20万パケット以降の場合 上限額:1日あたり最大2,980円、上限額までのパケット通信料iモード:1パケットあたり0重要 日本時間を基準とした課金となります。渡航先の現地時間ではありませんので、ご注意ください。(日本時間0時から23時59分59秒までを1日とします。)
ご利用イメージ あまり使わなかった時は使った分だけの料金! 20万パケットまで日額最大1,980円、どれだけ使っても日額最大2,980円
©NTT docomo

海外パケット定額によって、以前よりは使いやすくなった国際ローミング。
ハワイやグアムなどの日本人観光客が多いところではiPhoneを片手にしている日本人を多く見ます。おそらく、SoftBankのローミングで使っているんだと思います。

ですが、日額1,980円~2,980円というのは高いです。
さらに、日本時間を基準とすることため、日本の時間を気にしなくてはいけません。

今回のグアム旅行で発生した通信費(上記のローミング代金は接続試験だけなので計算しません)

iCONNECT&docomo Pacific合算で 4505円*,($54) *$1=82換算
でした。

これをdocomoの国際ローミングで計算すると

NTT docomo ローミングだったら・・・ 2,980×5日=14,900円

だいぶ安く抑えることが出来て大変満足です。
今回は2つの通信事業者を買ったのでお金が掛かっている方ですが、4505円は2台分と考えて良いです。

それにしても今回のグアムはとっても楽しめました。
携帯ショップ巡ってSIM買ったり店員と話したりして楽しかった。海行ったりという楽しみもありましたが、やっぱり携帯関係の楽しみが一番楽しかったかな。