docomo HW-01C(Huawei製)を買いました。

NTT docomoより発売されている、Wi-FiルーターHW-01Cをオークションで買ってみました。
今回は中古の物を買いましたが、新品同様品も6000円前後で手に入れることが可能です。

DSC_0098DSC_0099

本体は小さく、約80gと軽量。Wi-Fi対応機器を最大5台接続できる、FOMAプラスエリア対応のモバイルWi-Fiルーターとなっています。
イーモバイルから発売されているPocket Wi-Fiと非常に似ていますが、それもそのはずで同じメーカーの製造です。
そのため、バッテリーも同じでHuawei製のHB4F1というバッテリーがHW-01Cでも利用可能です。

イーモバイルのPocketWi-Fiの基本的なスペックを比較してみます。

docomo HW-01C

EM PocketWiFi D25HW

対応バンド 3G 800/850/1700/2000MHz 3G 1700/2100MHz
通信速度 受信7.2Mbps/送信5.7Mbps 受信7.2Mbps/送信5.8Mbps
USB micro USB Mini USB
連続通信時間 4時間 4時間
連続待受時間 100時間 100時間
ディスプレイ 有機EL 0.96インチ 有機EL 0.96インチ
本体色 ブラックのみ ホワイトのみ
外部メモリ micro SD (HC対応) 32GBまで micro SD HC16GBまで
同時接続可能台数 最大5台 最大5台
メーカー Huawei Technologies Co., Ltd Huawei Technologies Co., Ltd

微妙にスペックが違いますが、もっとも差が大きいのは対応する周波数でしょうか。docomo HW-01Cは、FOMAネットワークのプラスエリアにも対応していて、使えるエリアがかなり広いのが特徴です。
一方のイーモバイル D25HWは、2バンドのみの対応です。しかし、イーモバイルで使用するに当たり問題はありません。

USBの形状もmicro UBSとMini USBとあり、それぞれ異なるのでD25HWのアクセサリをHW-01Cへ流用するのはバッテリーのみ可能となります。

DSC_0102

裏面はこんな感じでシンプル。技術適合マークなどはバッテリーを外したところにあるので、ここはシンプルにWi-Fi  CERTIFIEDマークと型番が記載してあるのみです。

DSC_0103

中を開けるとこんな感じで、初期設定のSSIDとパスフレーズ、IMEIやシリアルナンバーなどが書かれています。
docomoによるレベル1のUIMロックがかかっており、ほかの通信事業者のSIMカードやUIMカードは利用できません。しかし、日本通信などのdocomo MVNOによって提供されるFOMAカードは通常の場合利用できます。
auと違い、同じ事業者でもロック解除が不要というのはとても助かります。

DSC_0104

そこで、先月契約してきた 米国のAT&TのSIMカードを挿入し、どんな表示になるのか見てみることに。

DSC_0101

docomo以外の通信事業者によるSIMカードを挿入したところ、Invalid UIM(無効なUIM)という表示になりました。
ちなみにUIMとはUser Identity Module Cardのことで、FOMAカードなどのことを指し示します。
ちなみにauはR-UIMカードで、Removable User Identity Moduleとなります。

HW-01Cの設定に際し、気になった点があったので備忘録として書いておきます。

ユーザー名

Admin

パスワード

0000

実は取扱説明書に記載がないようで、ネットで調べてようやく分かりました。
adminとpasswordという組み合わせなどを試したのですが、Andmin(最初のAは大文字)が正解でした。
ちなみに中古で買った場合や譲り受けた場合でパスワードを変更されていて設定画面には入れないという場合は、HW-01Cの電源を入れた状態で、バッテリーカバーを外して電源ボタンの横にあるRESETボタンを爪楊枝などで10秒間くらい押すことですべて初期設定になります。(マニュアルでは5秒間ですが、10秒くらいでやっと再起動に入りました)

設定画面へは、HW-01Cに無線LANで接続した状態で(初期設定のSSIDとパスフレーズはバッテリーカバー内側 もしくはバッテリーの下に記載があります)Internet explorerなどのWebブラウザから「http://192.168.1.1/」に接続します。

HW-01Cの電源を入れて、USBで接続して設定ツールをインストールすると無線LANの無いパソコンからでも設定の変更が可能です。

APNの変更も出来るのでプリセット項目のほかに日本通信のU300ようのプロファイルを作成したり、定額データプランでの利用も可能となります。

docomoのUIMで使うなら、ほかのルーターを買うよりもHW-01Cなら6000円前後で買えるので、こっちの方が良いかもしれません。

ThinkPad X201sが修理から戻ってきました。[修理2回目]

先日の修理で、システムボードを交換してもらいましたがやはりファンが動いていないので修理に出しました。
今回の修理で二回目となります。

サポートセンターに、前回の修理が不完全である旨を伝えたからなのかは分かりませんが、4/5引き取りの4/8返却という驚異的なスピードを見せつけてくれました。

とりあえず今回もシステムボードの交換となりました。今のところ問題なく動作しています。

モバイル機器に故障はつきものですが、こんなに早く対応していただけると本当に有り難く助かります。
また、拡張保証を申し込んでいれば取りに来てくれるのも楽で良いですよね。

au HTC EVO WiMAX ISW11HTを借りています。

au HTC EVO WiMAX IS11HT本体

auから2011年の4月15日に発売される予定のHTC EVO WiMAX ISW11HTをauショップで借りてくることができました。WiMAXエリアを試すため、最大7日間を条件にauから無料で借りてくることができます。
通話もできますが、通話はしないでくれとauショップの担当から言われてしまいましたが、「157」「111」への発信は通話料かかからないので良いと言うことでした。通話料金はショップ負担なのでしょうね。

 

LINK
auのAndroid™搭載スマートフォン「htc EVO WiMAX ISW11HT」の発売について〈別紙〉

 

リンク先にスペックや主な特色機能が書かれているのでご覧ください。
なんと言ってもauから推されてる機能の一つとして「無線LANルーター機能」と言うものがあります。
HTC EVO WiMAX ISW11HT(以下ISW11HT)は、WiMAXに対応しており最大で下り40Mbps(理論値)の高速通信を行うことができるので、写真や動画でいっぱいのWebサイトを見る時でもサクサク通信してくれるようです。
また、ISW11HTから無線LANで放出しお手持ちのiPod touchやノートパソコンで利用して外出先でもインターネットを楽しめるというものなんです。
イーモバイルやソフトバンクモバイルから発売されているPocketWi-Fiと同じことができる ということです。

 

0.外観

ここで外観を見ていきたいと思います。

 

EVO WiMAX ISW11HT本体USB miniコネクタとHDMI miniコネクタがありますISW11HTの文字auロゴ背面。htcとwith Googleのロゴあり。8メガピクセルのカメラも備える。バッテリーパックを取り外した状態借りたときの付属品本体上部。電源ボタンと3.5mmのオーディオジャックがある充電中はこのようになる。受話口の中にLEDあり。Google NexusOne(左)とISW11HT(右)厚さ比較

写真を10枚並べてみました。
説明書などの写真は、借りるときに付属したものを並べて撮ってみた写真です。
Google NexusOneとの厚さ比較もしてみました。Google NexusOneのほうが若干薄いのが分かります。

 

 

1.無線LANルーター機能(テザリング)はWiMAX通信時のみではない

ドロアーを開いた様子(ISW11HT)

WiMAXのエリアは、UQ WiMAXのエリアと同じでここから確認できますが、まだまだ狭いことが分かります。
それに加えて、建物の中では電波状況が著しく低下し通信できないことも多くあります。折角ノートパソコンでネットをしたくても無線LANルーター機能が使えないのでは意味がありません。
でも3G通信時でも無線LANルーター機能は有効にできるようで、試しにiPad2で試してみることに。

 

iPad2と接続

ISW11HTより3G通信をさせ、その通信をテザリング(無線LANルーター機能)にてWi-Fiを放出。SSIDとパスワードは最初からのオリジナル設定のまま行いました。

 

ISW11HT 3G テザリング速度

その結果、iPad2では左のような結果に。

下り 1.22Mbps

上り 0.14Mbps

 

という速度でした。(ISW11HT auネットワーク網 3G接続時)

auネットワークの電波レベルは5/5で非常に良い状況。

 

 

 

 

続いて、WiMAX接続時の速度を同じくiPad2にて測定してみることに。

ISW11HT WiMAX テザリング速度

WiMAX接続に切り替えて再試験。

下り 3.56Mbps

上り 0.21Mbps

という速度に。確かに3G接続時より明らかに高速になっているのが分かります。
(ISW11HT UQ WiMAXネットワーク接続時)

UQ WiMAXの電波レベルは0/5で「悪い」という表示でしたが、それでも
これだけの速度が出ました。

ThinkPad X201sを用いて同じ場所でWiMAXの速度を測ると下りで5Mbps
くらいはいつも出ているのですが、アンテナがあまりうまくつかめていないのか
このような結果に。 ちなみにWiMAXルータであるURoad-7000SSでは
ステータスランプがオレンジ色になります。

 

 

2.ISW11HTのスペックはいまいち

プロセッサーもシングルコアで、液晶の解像度もそれほど高くありません。
画面は大きくて見やすいのですが、スペックを気にされる方はあまり良くないかもしれません。
機敏動くのは確かですが、少しだけ動作が重い気もします。

 

3.auの安心ケータイサポートはすべて受けることができます。

ISW11HTから、「157」に発信して問い合わせてみたところ、車で踏んでしまったり、傷がついたから外装交換をしてほしい場合も、安心ケータイサポートに入っていればほかの機種と同じ料金で保証を受けることが可能だそうです。

この質問をしただけで10分ほど電話で待たされたのですが、細かいことは決まっていない様子でした。
特にISW11HTだから駄目という決まりがないようで、ほかの機種と変わることはないと担当者から言われました。

 

4.気のせいなのかWiMAXもちょっと遅い

手持ちのURoad-7000SSと、ISW11HTをWiMAX接続させiPad2と接続。
それぞれの通信速度を測ってみたところ、特定の同じ場所で

URoad-7000SS

下り4.88MBps 上り0.21Mbps

HTC EVO WiMAX ISW11HT

下り2.95Mbps 上り0.18Mbps

というように、明らかな速度の差が出てしまいました。使用する機器により数値の変動はあるので誤差の範囲かもしれませんがURoad-7000SSより速度が出なかったのは事実です。これも場所や接続状況により変わってくるかと思いますが、私の印象ではほかの機種に比べて遅いのかなという気がしました。

 

5.WiMAXが切れる時が駄目

WiMAXはauネットワークと違い、まだまだエリアが狭いことと、建物などの影響で電波が遮られてしまい通信できなることも多いのが実情です。WiMAXをONにした状況で通信をし、そのまま移動してWiMAX圏外エリアに行きます。そうすると、当然のことながらWiMAXは圏外になります。この時に、自動的にauネットワークに切り替わります。これはすばらしいんですが、この切り替わる時間が、結構長いんです。 その逆はもっと長かったと思います。
とにかく俊敏な切り替えが出来ないのは、ストレスになってしまいます。ここはとっても残念な仕様ですね。

 

6.液晶が残念

ちょっと緑っぽい気がしますね。NexusOneはちょっとピンクっぽいのも気になります。HTCの携帯の液晶はちょっと残念なのが当たり前なのかなとも思ってしまいます。
MotorolaやNOKIAは真っ白なものが多いのに、残念です。

あとは解像度がちょっと足りないかな。やはりiPhone4と比べるのは酷なのかもしれませんが、液晶の解像度はもっと欲しいところでした。

 

7.タッチパネルは

NexusOneはかなり残念なタッチパネルで、GALAXY Tabは充電していると変な挙動をしてしまうというタッチパネルには散々な目に遭っている私ですが、このISW11HTはなかなか良い感じです。
また、画面下にあるホームボタンやメニューボタンなども光学式なセンサーを用いているものですが、感度は良くこのあたりは評価できるポイントだと思います。

 

というわけで、購入を検討してみました。(買いませんがシミュレートしてみます)

現在私は

・docomo(L-05A/定額データプラン)
・docomo(GALAXY Tab/タイプシンプル バリュー)
・au(W53CA/プランEシンプル)
・DISM WiMAX(ThinkPad X201s & URoad-7000SS/アカデミックプラン)

の4回線を契約している状況です。
とは言ってもGALAXY Tabの回線は寝かせているので月額700円ほど。au回線は家族通話と指定通話定額で指定している友達との通話がほとんど&パケット通信はメールだけなのでほとんどお金はかかっていません。
WiMAXも、DISがアカデミックの申し込みを承っているときに申し込めたので3,480円/月の料金を軸に機器追加の料金で使えているのでそんなに高額というわけではありませんが、合計でどれほどかかっているのか計算してみます。

 

名目

金額

docomo(L-05A/定額データプラン)

4,942円

docomo(GALAXY Tab/タイプシンプル バリュー)

689円

au(W53CA/プランEシンプル)

3,145円

DISM WiMAX(ThinkPad X201s & URoad-7000SS/アカデミックプラン)

3,688円

合 計

12,456円

というわけで、結構かかってしまっています。
これを、ISW11HTに一本化してしまうと、だいぶ安く収まりそうな気がしました。
というわけで、auショップの店員に月々8000円くらい・・・と言われたので、8500円とし通話料などを想定して入れた場合。。。

名目

金額

au(ISW11HT)

10,000円

合 計

10,000円

下の表は単純計算過ぎますが、複数回線持ちからISW11HTに切り替えたら・・・予想以上に安くはなりませんでした。
でも、docomoの2回線は解約せずに寝かせるので追加で1,400円程度が上記の価格に乗っかる格好となります。
ってことは、あんまり変わらないということなんですね。

 

というか、やっぱりISW11HTは買わずに今の形態を維持してみたいと思います。
そろそろauの携帯も機種変更したいところなのですが、なかなか良い機種が出てきませんねえ。
ちなみにau回線はスマートフォンにするつもりはないです。

iOS4.3とAndroid2.2 どちらが便利なのか比較してみた

先日のエントリーでApple iPad2を購入したことを報告しました。
実を言うと、iOSの名前が変わる前にあったiPhoneOSは一時期使っていたことがありました。
というのも、実はiPhone3Gユーザーだったのです。しかしその後電波エリアの狭さや対応の悪さに呆れて解約しましたけどね。

それからしばらくたって大幅に改善されたiOSと、Android2.2を比較してみることにしました。

【比較に使用する物】
・iOS4.3を搭載したiPad2
・Android2.2を搭載したGALAGY Tab

 

1.写真/動画の扱いが違う

01

Androidの場合、写真や動画からアクションを起こすことが出来ます。そこからShareを選びTwitterやメールなど、各種アプリケーションに飛ばすことが出来ます。写真加工アプリに送信することも出来ます。

iOSの場合、写真から出来るのはメールや壁紙設定、プリント、コピーの4つの項目のみ。写真を眺めながら「この写真はキレイだからTwitterでみんなに紹介しよう と言った使い方や、この写真を面白く加工してみたい!と言った時に各種Twitterや画像加工アプリを起動して、そこから読み込ませないといけません。

2.Shareボタンの存在は大きい

02

Androidには様々なアプリにShareボタンが付いていることがあります。これは、関連するアプリケーションに送信することが出来る機能で、Twitterやメールなどで人に知らせるときに非常に便利な役割を果たします。
iOSにこの機能がないのは、この上ないほど残念です。

 

3.写真の複数転送も出来るAndroid

 

snap20110403_192835

友達に送信するときもAndroidの場合は何度も添付ファイルを選択する画面に行く必要がありません。
残念ながらiOSだと、殆どの場合で選択画面を行き来する必要があったりします。アプリによっては同時選択できる物もあるかとおもいますが。

 

4.ホームボタンで楽々ホームに戻れる

03

これはiOSもAndroidも共通の仕様で、HOMEボタンを押すとホームに戻れるのは簡単でとっても良いと思います。
多くのAndroidスマートフォンやAndroidタブレットは物理キーではないホームボタンを採用している場合がありますが、反応があまり良くない物が多くGALAXY Tabもまたしかり。 一方のiPhoneやiPadは物理ボタンを採用しているので、押しても反応しないというイライラを味わうことが無く、この点はiPhone/iPadのほうが良いと思います。
(途中からハードウェアの話になっているのは気にしないで下さい^^;)

 

5.音楽や動画は同期したい?それともフォルダーからドラッグしたい?

04

好みもあるとおもいますので、これは大きく左右される点だと思います。
iTunesによる音楽の管理や、動画・写真・連絡先の同期が出来るのはiOSで、Androidにそのような機能はありません。
しかし、音楽や動画はフォルダーにドラッグして自由に扱いたいという方もいらっしゃると思います。
後者の場合はiOSには出来ない点なので、Androidのほうが有利な点と言えましょう。

 

 

6.やっぱりマーケットにあるアプリが少ないのは残念なAndroid。

05

まだまだAndroidにはアプリが少ないのが現状です。その一方でiOS向けのアプリは次々に登録されています。
このアプリケーションの差がとても大きいのが問題なのです。AndroidにはAndrod Marketがありまして、そこでアプリケーションの購入などが出来ます。しかし、審査がないためにiOS向けのアプリケーションストアであるAppStoreより意味の分からないアプリが多いのも目立ちます。
アプリ多いiOSはAppStoreを除いていると、ついついアプリを買ってしまうんです。これはメリットでもありデメリットでもあります(^^;

Android Marketも徐々にアプリは増えてきていますが、今のところAppStoreには歯が立ちません。

さて、Androidは購入後、15分以内の返品が可能です。自分の端末で動作しない場合や無料版と有料版の差を確かめるのにとっても良いと思いますが、以前は24時間以内なら返品できたために今では少し残念です。

一方でiOS向けのAppStoreは返品が一切できないため、自分の端末で動かない場合は大人しくアップデートされるのを待つしか有りません。

 

7.ホームボタンを2回押す or バーを下げる

 

06

iOSの場合、HOMEボタンを2回押すことで他のアプリや液晶の照度を変更できます。
Androidの場合、画面上部にあるバーを下に引きずるとメール通知の確認や各種設定をすることが出来ます。
Androidはマルチタスクである故にHOMEボタンを押してもアプリケーションは終了しません。その為、普通にホームに戻って他のアプリを起動しても良いんですが、iOSの場合はホームボタンを押すことでアプリケーションは終了になるため、メール作成中にWebで調べたりなどのアプリケーション往復をする場合はこのホームボタンを2回押して切り替えるのが便利でしょう。

 

8.アップデートは万全なiOS

iOSは、アップデートされる心配をあまりしなくて良いのが素晴らしい点と言えます。
しかしAndroidはデバイスのメーカーによってはアップデートが見送られたり、提供される時期が他の機種と異なってしまうことがあります。

 

9.結局どっちが良いんだろう

結論としては両方買いましょう。
それはイヤだという方は、簡単なiOS少し難しいけどかなり弄りようのあるAndroidにするか決めた方が良いと思います。

どっちも良い点があり悪い点があります。
それらをよく理解した上で購入したいものですね。